囚愛契約 (フルール文庫 ブルーライン)

制作 : 緒笠原 くえん 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.71
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040674971

作品紹介・あらすじ

「一週間、あんたの身体を俺にください。大丈夫、ちゃんと快楽を仕込んであげます――。」それが、コピーライターの長嶺祐也が宮本高良の勤める広告会社・鳳翔堂の社運をかけたプロジェクトに協力する条件だった。かつての後輩の手に、道具に焦らされ、高められて初めて知る絶頂に戸惑いながらも溺れていく高良。だが、「好きなんです」高良に触れながら苦しそうに言う長嶺の真意が読めなくて――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【電子書籍】

  • ・タイトルの印象よりも明るい読み口
    ・それは受が楽天的だから
    ・それは攻が粘着質変態だから

  • 会社の元後輩×教育係だった先輩。後輩の長嶺は先輩高良が好きすぎて会社を辞め、独立することに。自分はゲイ、先輩はノーマルしかも女の子とのつきあい方が酷い、とくれば気持ちを知られるわけにはいかないよねぇ。なのに先輩が仕事を一緒にしてくれ、と打診してきて…。1週間の契約、長嶺による数々のプレイ、すごくマイペースながら長嶺への気持ちを自覚する高良。高良の言動にいちいち振り回される長嶺。どれだけ高良のことが好きなんだ〜(ノ≧∀≦)ノ
    すごくおもしろかったです。

  • やっぱりナツ之さん好き。広告代理店勤務年上美形受けがゲイ後輩(コピーライターとして独立、ていうか先輩を好きなのがバレて辞職)から執着されていても自分はホモじゃないと思い込んでいるのでジレジレ感はあった。そんな一週間もいろいろ調教(契約)されて、最終日に一線を越えて(契約解除と突き離されて)から気付くって遅過ぎだよ。攻めの執着は好物だけど、何度も「先輩は俺のこと嫌いですよね」って自己完結するのがキュン萌えもあるけどちょいネガ過ぎかな。でも満足。再読したい★絵師さん下手じゃないけどぽすこさん絵で読みたかったな

  • コピーライター×彼の元先輩である広告代理店社員。お仕事もので年下攻めでした。

    長嶺は高良のデキる後輩だったけれど、恋心が本人にバレて会社を辞め独立し成功してる身です。独立の理由は、絶対に叶わない恋心を高良に知られてしまって、一緒に仕事し辛かったからでしょうね…
    長嶺は、束縛契約を迫ったりして強気に見えるけど、決定的な態度はとれない優しいヘタレわんこな部分があって、心底酷いヤツじゃないのがいいです。
    お道具プレイにも愛が感じられますw

    高良はそんな後輩の恋心に最初とまどって距離を置いてしまいますが、いざとなるとどんと肝が据わるタイプでした。
    外見は美形だけど、心はとっても男前!
    始めのうちはガサツでデリカシーゼロだったのに、長嶺に束縛されて身体を開発されるうちにだんだんとかわいく変化。
    男同士なんてありえないと思ってた高良がいつの間にか絆されて、長嶺がなくてはならない存在になっていく様子がよかったです。
    SMちっくだけど、全然痛くなくて。むしろ、長嶺の心の痛みの方が強く伝わってきました。
    一週間だけ自分の思い通りにしたいなんて、よく考えたらめちゃくちゃ健気ですよね…泣ける。
    高良だって嫌いじゃないから何でも応じていたのにそんな自分の気持ちに気付かずに長嶺とずっと過ごしているなんて、ほんとにじれったかったです。
    別れてからやっと気付く…って、ほんと高良らしくてww
    契約終わってからの流れが面白かったです。

    エロ的にはかなりすごいことをしているはずなんだけど、高良のノリのよさ?で軽い感じの仕上がり。楽しめます。

    書き下ろしはその後のヘタレ大型わんことかわいい天然小悪魔cpが、甘くてラブラブでごちそうさまというかんじでした!

  • うわー、いっきに読んでしまいました。
    SMとか道具はどちらかというと苦手なんですが、私も高良のした契約のように見事に受け入れてしまいました。
    かつて可愛がっていた後輩くんと仕事をすることになって、その条件というのが一週間の間高良を後輩である長嶺の好きにしてもいいというもの。
    そしていきなりの拘束。
    最初はリスの毛の筆。って結構これは高度なのでは?私筆のプレーは初めて読みましたが、ゾクゾクしました。
    筆、いいですねー。
    猫耳尻尾とアナルプラグ。
    猫ちゃんになりきる高良は生唾ものの可愛さでした。
    バイブにローター、、ここまではまだ普通なのこもしれませんが、尿道プレーにはびっくり。高度ですよね。そして私はこれが一番苦手。でも高良さんは快感に溺れていたので良しとしましょう。

    一週間が過ぎて何事もなく元の仕事に戻っていたようでいてそうではなかった二人。
    高良先輩が自分の気持ちに気付いて、そして長嶺の残したメモに口付けするシーンはかなり好き。




    最後の章「リバイバルが終わるまで」は長嶺目線で書かれています。
    この長嶺目線も良かったです。



    ナツ之先生の作品を読むのはニ作目ですが、前作の「どうにかなればいい」でお気に入り作家さんになりましたがやはり間違いなかったです。
    ナツ之先生好きです〜!

  • コピーライターの長嶺×広告会社営業の高良。後輩×先輩で指導担当だった関係。
    深い執着を見せる男と誰にでも優しくいい加減な男の恋情のお話。あまり一方的な行為は好きじゃないんですが、どこまでも許して受け入れてしまう高良に長嶺の思惑が外れてどんどん追い詰められて、こう歯車が狂っていくようにふたりの関係がズレて行ってしまうのが切なくてもどかしい。お互いがそこから一歩踏み出すことを恐れている。高良の優しさは残酷だけど彼もまた長嶺の心が見えなくてもどかしさから抜け出せない。ふたりの心情や想いがお仕事と絡ませて丁寧に描かれていてするりと入り込んできます。
    高良がとても柔軟で懐が深くて自覚してからは男前でした。
    最後の長嶺視点の短編が一番心に沁みて切なかったです。

  • 安定のナツ之先生節!
    教育担当と新人から密の濃い時間を過ごして、新人だった攻めが気持ちを拗らせる感じとか、執着っぷりとか良かった!
    教育担当の受けがどうしてそこまでライトだったのかなぁと思ったけど、読んでいくうちにそこはあまり深堀しなくてもいいんだって思った。
    7日間の契約の最後の日の苦悩やその後の二人の気持ちのすれ違いとか、切なくなりつつそこはナツ之先生の文章でクスっと笑ってしまったり。
    気づいてからの受けが男前で良かったです!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

(なつのえだまめ) フルール文庫『うなじまで、7秒』(メディアファクトリー)にてデビュー。

「2016年 『蜜月契約 ~ラスベガスの恋人~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

囚愛契約 (フルール文庫 ブルーライン)のその他の作品

ナツ之えだまめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする