となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者 : 森繁拓真
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年4月23日発売)
3.54
  • (7)
  • (15)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :262
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040675152

作品紹介

匠の技を極めたり、意外なアレのブランド化に取り組んでみたり、子供に夢を与えるために頭をひねったり……。関くんの遊びはさらに頂点を目指す! ロボット家族にも新展開が!? 大ヒット授業サボり漫画第7巻!!

となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネタバレ 全部が面白いわけではないものの、クスリとさせられるのも彼方此方。怪盗X、ドングリ販売対決、怪獣特撮恋愛映画製作がいい感じ。

  • 安定して読める好きな漫画のひとつです。やなやついない、世界はとってもせまいのにはらはらさせられます。主人公かわいい。

  • 私の中でマンネリ化しつつあり、この漫画の楽しみが少しずつ減ってきております。
    ただ、最終回がどうなるかだけは気になります。

  • 読み終わったー\(^o^)/
    授業中遊んでいる関くんの漫画。前の席のちょっかい出される前田くんが可哀想。

  • 前田君に負けたッ!

  •  横井さんもガッツリ遊びに参加してしまっている、そんな7巻である。
     マンネリがどうしても出がちなこのシリーズにも怪盗Xという新風が吹き入り(出てきたのは前回からだっただろうか)、前の席の前田君の反撃、ロボット家族の再登場など、ずいぶん盛り返しているなという印象がある。お化け屋敷などは、動的要素を合わせてよくできている。
     それにしても横井さんのツッコミはよく冴えている。彼女のツッコミがこのシリーズの肝であることは間違いないだろう。まあ、いまさらな話ではあるが。

     面白かったが、突き抜ける面白さがいま少し欲しいと思うのは、さすがに欲しがり過ぎだろうか。
     とはいえ、それもまた正直な感想なので、星四つ半と評価したい。

  • さすがにネタギレ感は否めないけれど、それでも「どんぐり編」にはもう……完敗。この漫画にしか描けない極上のギャグ。スゲー。

  • もう横井さん完全に一緒になって遊んでるじゃないですかw 仲睦まじくていいですな。

  • 今回も安定の面白さ。
    横井さんのつっこみつつの解説が冴え渡り!
    ネタ出しも大変でしょうけど、この感じで続けていただきたいですね。

  • 関くん、ますますレベルアップ。先生が気づかないのが不思議。

全17件中 1 - 10件を表示

となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)のその他の作品

森繁拓真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)はこんなマンガです

となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする