あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
4.17
  • (13)
  • (16)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :147
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040675381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒沢が園芸部に入部することになり、白峰も巻き込まれるという話。この巻では、園芸部の部長と副部長の面倒くさい相互依存がテーマであり、百合としてこういう展開はありなのだが、話のテンポが悪すぎる。読んでいてイマイチ乗り切れなかった。

  • 主人公だと思われる二人を置いてけぼりに他に話が進むというパターンもお馴染み。まぁ、でも普通かな。

  • 白峰さんチョロい。黒沢さんもノリが良くってきて、いい感じ。大城さんみたいな人に信頼されるっていうのはある意味栄誉。薔薇で百合とはなんというハイブリッドな表紙。

  • 永遠なのか本当か時の流れは続くのか
    いつまでも経っても変わらないそんな物あるだろうか
    変わってしまうものと変わらないもの…いつまでも変わらない気持ちがあることを知った時に訪れる祝福。侵してしまった拭いきれない過ちを洗い流すように赦し赦された契り交わされる主従関係。そして、誓い合うように交わされるくちずけと。その風景はあまりにも危うくも辿り着いた甘美で眩い光景でした。
    あと、番外編の白黒コンビの白峰さんの簡単に騙されてキスしちゃうちょろカワイイ性格どうにかなりませんかね。悶え死にそうなんですけど(半ギレ)

  • 購入して読み。

    園芸部の3年生がメインの巻。
    キュンキュンした。
    ドラマCD化の話に期待半分不安半分である。
    それにしても黒沢さんは白峰さんを好きすぎるな!

  • タイトルに反して表紙も中身も薔薇、バラ、ばら。
    進級してクラス替えがあったのにまた同じクラスになった白峰さんと黒沢さん。白峰さんが1科目だけ黒沢さんに勝つけれど、満足感はなく苛立ちが募るばかり。保健室で白峰さんが黒沢さんに啖呵切るシーンがめちゃくちゃ良かった。
    3巻で新しく登場したのは、園芸部部長の雪奈と彼女と幼馴染みで副部長の十和子。この2人のやりとりは後半がほの暗い百合で、これはこれでおいしかった。足の爪先へのキスはどんな意味があるのだっけ。
    黒沢さんの実家へお泊まりの番外編はただひたすら可愛い。

全6件中 1 - 6件を表示

あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)のその他の作品

缶乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)はこんなマンガです

あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする