空気でも太るお年頃の私が 15キロ痩せるまで。 人生最後のダイエット コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
2.70
  • (0)
  • (1)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040676784

作品紹介・あらすじ

産後太りから始まる、妙齢女性の「脂肪」との戦い。子育てと仕事に追われて体重計に乗ることを後回しにしていたら…あっさり自分史上最高体重を更新していた!これが人生最後のダイエットと腹を決め、家族や友人たちの誘惑を振り払い、代謝の落ちまくった体を抱えて踊った!歩いた!摂食した!4ヶ月に渡るダイエット生活の末、標準体重の快適さと健康を取り戻した一部始終を、コミックエッセイでお送りします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館にて。
    15キロってすごい。
    そして楽そうに書いてるけど痩せるためのスゴイ努力。
    なんて偉いんだ!

  • 個人的なダイエット日記ですね。

    空気でも太るお年頃ってなってるけど、昔から太りやすいっていってるし。

  • 10年前の体重に戻る! と奮闘するダイエットエッセイ。

    これは確かに痩せるかも…と思いましたが
    出来れば食事制限はしたくない人には
    まったく向きません。
    が、根性の入れ方はものすごく勉強になるかと。

    太ったら、即リセット。
    1カ月に1回くらいは、我慢解禁。
    1週間に5日は運動しなければならない。

    どうすればいいのか? と悩む所の解決策が
    あちらこちらに存在します。
    とりあえず、基礎体力を作りましょう。

  • うーん、これで健康に害がないならいいが。
    「人生最後のダイエット」というサブタイトルに、決死の覚悟でする壮絶なダイエットの話かと思ってました(笑)
    決死のダイエットではなかったけれど、そして成功したダイエットの話だったけれど、科学的に見てどうなのか、医師か管理栄養士の解説が欲しかったと思います。

  • 明るくコミックエッセイで書かれているから忘れそうになるが、実行するとなると結構大変なことをやられていてすごい。
    健康面は大丈夫なものなのかな?というのがやや気になる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1月1日、北海道生まれ。代表作『ペルシャがすき!』『ママはぽよぽよザウルスがお好き』『たんぽぽちゃん』など多数。『ママぽよ』のその後を描いた『かわいいころを過ぎたら』(リュウ編 アン編)、『20歳は過ぎたけれど』(小社刊)は子どもを持つ母たちの間でロングセラーに。『今夜もホットフラッシュ』は、更年期症状を明るく描き多くの読者を獲得している。現在も家族4人+1匹のミニチュアダックスフントと生活中。

「2018年 『アラフィフさん いらっしゃ~い!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青沼貴子の作品

ツイートする