八男って、それはないでしょう! 5 (MFブックス)

著者 : Y.A
制作 : 藤 ちょこ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年6月25日発売)
3.70
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040676968

作品紹介

クルト最後の悪あがきが襲いかかる。それは、辺境と王都、それぞれにおける兄弟喧嘩の終焉を告げる引き金となった。蜂の巣をつついたような騒ぎとなった王都を横目に、ヴェンデリンたちによる未来の伯爵領開拓はスムーズに進む。しかも、ローデリヒの手腕によって、ヴェンデリンの開発無双は真価を発揮。恐ろしいスピードで未開の地が開けていくのだった。順調すぎる開発と、さらに高まる地位と名声が、民と人材、そして、新たな火種を呼び寄せる!?泥沼を脱し、開拓で脳汁弾けるヴェンデリン!柵の中なりのフリーダム、第五幕の登場!

八男って、それはないでしょう! 5 (MFブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙はヴェンデリン15歳とローデリヒ、第5のヒロイン"暴風"のカトリーナはラストに登場するだけ。
    長兄クルトの怨霊騒動と、未開の領地開発無双がメイン。
    相変わらず読みやすく、ネットで読んでいても何回読み返しても楽しめます。有能なローデリヒがネットよりクローズアップされていて、贔屓している私には嬉しい内容。
    但し、書籍版書下ろしとかの追加は無し。

  • 【図書館本】今巻も完全に惰性読み。ヴェル以外の一人称の文が苦手。キャラを書き分けようとして失敗している印象。チート設定は嫌いじゃないけど、未開発地の開発の様子には白けた。もう何もかも魔力でやったらいいじゃん……。あと結婚云々。貴族的な立場とか陰謀・思惑があるのは理解できるけど軽く扱われてて嫌悪感。素直に楽しめない。

  • お家騒動の後編から領地開発の開始.

    あとミソ,ショウユを始めケチャップ,マヨネーズ等
    この世界の住人的に謎ネーミングな調味料を大量に開発.
    独占製造販売しようとしないで
    商売人に製法を売って
    好きな時に安く買えるようにする発想はいいよね.
    毎回作るのは大変だものな.
    魔法の袋で保存は余裕だとしても.
    あと魔性の植物,カカオからココアとかチョコレートを作ったり….

    次回,貴族貴族しようとしている縦ロールな魔法使いちゃんが….

全3件中 1 - 3件を表示

八男って、それはないでしょう! 5 (MFブックス)のその他の作品

Y.Aの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする