ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • 90人登録
  • 4.29評価
    • (14)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 原わた
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677118

作品紹介

兄妹を徹底的に差別し、娘の人格を否定し続ける母。罵声や暴力によってわが子をコントロールしようとする父。新興宗教を家族に強要し、恨み節や悪口をまき散らす祖母。大人のいない場所で妹をいじめるようになった兄。そんな「毒家族」が支配する家で育ったゆがみちゃんが家から逃げ出し、じぶんの価値を見つけ出し、自らの手で解毒していく戦いを描く、衝撃のコミックエッセイ。

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者が毒家族との生活を脱出し、新しい生き方を見つけるという筋立てのエッセイ。
    毒家族と銘打っているとおり、著者の家族は母だけでなくみんな変。
    叔母夫婦が普通の人だったことが著者が早くから家族の異常さに気づく役割を果たしていることがよく分かる。同時に「普通ゆえに分かり合えない」というのもありありと描かれていて、読んでいて切ない。
    全体的なタッチは啓蒙というよりナラティヴな印象で、心理描写の比喩がやや独特。
    救いのあるハッピーエンド風にまとまっていてそれはそれで読み物としてはよいのだが、父母に対しては「あの人達も大変だったんだ」式のファンタジーを読み込んでいて、それ言っちゃったら毒親概念必要なくない?という気がしなくもない。

  • “私は私なんだ
    私が過去に感じた
    悲しみや怒りや憎しみは
    素直に肯定していいんだ
    自分自身の感情を
    否定しなくていいんだ”

    “「今の感情」と「その要因」を意識することで良い方向に変化していく”(P.145)

    “小さい頃から
    こないだまでの私たち
    感情を否定ばかりして
    本当にごめんね”(P.147)

  •  明るい家族もあるけど、暗いを通り越した毒家族もある。歪んだ家庭で育った作者が、実家から抜け出し、自分を見つけるノンフィクションコミックエッセイ。
    (一般担当/道明寺P)平成29年5月の特集「みんなの家族」

  • 兄妹を徹底的に差別し、娘の人格を否定し続ける母。罵声や暴力によってわが子をコントロールしようとする父。新興宗教を家族に強要し、恨み節や悪口をまき散らす祖母。大人のいない場所で妹をいじめるようになった兄。そんな「毒家族」が支配する家で育ったゆがみちゃんが家から逃げ出し、じぶんの価値を見つけ出し、自らの手で解毒していく戦いを描く、衝撃のコミックエッセイ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    兄妹を徹底的に差別し、娘の人格を否定し続ける母。罵声や暴力によってわが子をコントロールしようとする父。新興宗教を家族に強要し、恨み節や悪口をまき散らす祖母。大人のいない場所で妹をいじめるようになった兄。そんな「毒家族」が支配する家で育ったゆがみちゃんが家から逃げ出し、じぶんの価値を見つけ出し、自らの手で解毒していく戦いを描く、衝撃のコミックエッセイ。

    【キーワード】
    コミックエッセイ・家族・親子・生き方・毒家族


    +++2+5

  • 祖父母、父母、兄と妹。新興宗教、嫁姑、人格否定、兄弟差別、暴言、抑圧…親子なんだから仕方ない、どはなく、親子も人間関係の一部。社会に蔓延する理不尽の連鎖を断ち切るために。

    妹は気付いたから抜け出せたけど、えこひいきされた兄の方はどんな人生を送っているんだろうかと思います。

  • 「毒親」という言葉に惹かれて読んでみました。「黒子のバスケ」事件被告の調書を読んだあとだけに、更に響きました。「幸せな家庭」でそだってきた、いる、人って、実は、逆に、少ないんじゃ無いか、この時代、、と思わざるを得ません。どうか、健やかに生きていけるような環境を、早く、築けますように。自分も含めて。そう思いました。

  • コミックエッセイ劇場の連載で知った本。
    根本から自分で考え、調べ、解くことのできる人。
    共感できる部分もあり、読んで良かった。
    自分の知らない世界でも、否定する前にまず話を聞ける人になろう。

  • とにかく名著。ゆがみちゃんの家族は紛れもない毒家族だが、もう少し弱い干渉で子どもを支配している毒親はたくさんいる。一家に一冊常備して、もっと認知されて欲しい。

  • 歪んでいる家族から脱出するには。

    毒親というのは聞いた事がありますが
    どこからそうなるのか分かりません。
    そんな状態が多少分かった…かもしれません。
    正直、この立場に立たなければ分かりません。

    脱出、というので、家から、かと思ったら
    己からも、という意味だったみたいです。
    どう家から脱出するか。
    その後どう自分の悪循環からも脱出するか。

    最後の方の、戸籍の抜き方。
    これをいつか使う日がこない方がいいのか
    使って救えた方がいいのか…それすら分かりません。

全16件中 1 - 10件を表示

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

原わたの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
村田 沙耶香
田房 永子
三浦 しをん
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はこんな本です

ツイートする