美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

著者 : オノユウリ
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年7月17日発売)
3.49
  • (5)
  • (19)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :174
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677125

作品紹介・あらすじ

アートに囲まれながら働く、美術館の学芸員。「知的で優雅なお仕事」なんてイメージを抱かれがちだけど、その実態は…毎日がてんやわんやの大忙しなんです!!展覧会が開催されるまで、舞台裏では何が起こっているのか?新人学芸員の奮闘の日々を描くお仕事コミックエッセイ!

美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 借りたもの。
    学芸員コミックエッセイ。
    学芸員の日々の仕事、美術館・展覧会に関わる人たち(搬入や監視員など黒子のような立場の人たち)の話、展覧会がどのようにして創られていくか、等。実はひみつでもなんでもなかったりする(笑)

    展覧会1つ企画するのは大変な作業で……行くと気に入ったものであれば買う、図録も。それらは学芸員さんたちの努力の結晶だった。

    しかし、こんなに登場人物の眼がキラキラ☆彡輝いているエッセイコミックが今まであっただろうか……
    生きがいを持って仕事をしている、誇りを持っている学芸員たち。

    やわらかい3等身キャラクターが締め切りに追われる怒涛の日々から切羽詰まった感を感じさせない。
    本田『ガイコツ書店員 本田さん』( https://booklog.jp/item/1/4040681568 )のような勢いはないけれど、美術が「好き!」に溢れている。

    細野不二彦『ギャラリー・フェイク(5)』( https://booklog.jp/item/1/4091830250 )での学芸員エピソードが市立美術館を舞台に官僚の天下り先、コネの世界(オチは勧善懲悪だが)の話になっていたので、この姿勢をクローズアップしたコミックがようやく世に出てきていることがうれしい。

    宇佐江みつこ『ミュージアムの女』( https://booklog.jp/item/1/404069452X )とも併読。

  • 美術館学芸員についてのコミックエッセイ。
    自分は美術館に行くことってないのだけど、企画から開催までかなりの年月がかかると知って驚き。休みの日も美術館について考えてる人が多いとしって、本当に好きな人じゃなきゃ続かないんだろうなと思った。

  • 今話題の学芸員の仕事!この方は華やかだと思うけど。学芸員とはなんぞや?という方は是非ご一読をー

  • 美術館の新人学芸員が主人公のコミックエッセイ。
    始めは先輩の補助からスタートしますが、3年目にして企画展を担当することに。
    展示する作品の選定や借受、会場のレイアウト等、一つずつ仕事をこなして企画展を創り上げていく様子には、仕事に対する情熱が感じられます。
    展覧会を見に行くだけでは分からない、学芸員の仕事を垣間見ることができます。(日高門別)

  • コミックエッセイということで、現在複数出ている学芸員ものの4コマよりディテールが細かいです。

  • 漫画ですらすら読める。学芸員さんのお仕事が分かりやすく、臨場感もって楽しめる本!

  • 東京都現代美術館の学芸員や美術館の仕事を紹介したエッセイコミック。企画展の作り方、コレクション担当の仕事・やりがい等、それなりに興味深く、へぇと思うこともある。しかし分量が少なすぎ・・。

  • さすが漫画本ということで、とっても短時間で美術館の学芸員の仕事がなんとなく分かる。解説本にありがちな、漫画は半分ぐらいであとはしっかり文章で解説、ということもなく、漫画本体の企画展、常設展関係以外の仕事については、それぞれさらりと書いてあって好感がもてる。
    はじめて美術館など文化行政に関わることになった人にはオススメ。

  • 東京都現代美術館の学芸員さんのお仕事内容を紹介するコミックエッセイ。私も学芸員さんを監視員さんと勘違いしていた一人です(^-^;この本を読んで、学芸員の仕事って思ったより体力勝負なんだなとびっくりしました。東京都現代美術館は何度も行ったことのある大好きな美術館なのでその仕事の裏側を垣間見れたことはとても興味深かったです。

  • 東京都現代美術館全面協力のもと、しっかり取材をしたうえで描かれているお仕事コミックエッセイ。新人の学芸員が日々仕事を通して成長していく姿を描いています。
    主人公、学芸員として異動もしています。なかなかリアルです。
    一つの企画展を実施するまでや、常設展示を管理していく様子が、わかりやすく描かれています。

    くろみつきなこ

全21件中 1 - 10件を表示

美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

オノユウリの作品

美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はこんな本です

美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を本棚に登録しているひと

ツイートする