ごきゅうけいですか? ラブホスタッフの上野さん

著者 : 上野
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年7月23日発売)
3.85
  • (8)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677392

作品紹介・あらすじ

リアルな現場を見続けた彼だからこそ知っている、笑えてそしてためになるエピソードがいっぱい!

ごきゅうけいですか? ラブホスタッフの上野さんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画と少しかぶってるがいいと思う。
    上野さんの丁寧な言葉遣いが良い。

  • ラブホのスタッフが人間関係の真理を語る話題のツイート集。なぜ男が遊園地を楽しめないのかがわかる。むしろ女が読め。


     こういう人生の攻略本を読んでいると、「みんながこれを知った状態で人間関係を構築したらどうなるんだろう。」と思う。きっと正解に近い恋愛をみんながするんだろう。
     でも、人間関係はどんなに正解に近づいても丸く収まらなかったりするから、深いし、難易度が高い。
     だから「イイ男」は最終的になんとかする人のことなんだろう。

     この上野さんの文章には教養を感じるんだよな。知識に基づいた例え話をしてくれている。だからわかりやすいし、信用できると思える。
     

     精神科医のゆうきゆうに似ているから見始めた上野さんだが、どうやら知人同士らしい。これからも注目していきたい。

  • 変わり種なお話がたくさんでワクワクしながら読めた笑

  • 題名のとおりラブホスタッフである上野さんのコラム、エッセイ集である。ラブホという特殊な、非日常的な舞台の日常を扱っており題材としても面白いく、上野さんのユーモアも楽しめる。

  • パラ読みしたけどワロタw

  • ラブホテルの話なのに、とても上品だったと感じる読後感。執事パワー。

    逆に「おかんメール」は、ニュートラルな話題のはずなのに下品に感じた不思議。

    どちらも読んで吹き出しちゃう面白さは同じ。お気に入りは一条くんのアシストプレイ。

  • とても良い本。129ページからの「コミュニケーションの本質について」だけでも十分読む価値はある。「ラブホ」という言葉に惑わされずいろんな人に読んでほしい本。

  • もうちょっとツイートの内容が多めだとよかったかも。
    でも面白かったけど
    スタッフさんの話もっと読みたいかもしれない

  • 上野さんの文章力が大好きですwww
    いつもツイッターで読んでるのに紙媒体で読めて二度美味しい(∩´͈ ᐜ `͈∩)・*

全10件中 1 - 10件を表示

ごきゅうけいですか? ラブホスタッフの上野さんのその他の作品

上野の作品

ツイートする