上下の沙汰もネコ次第 (フルール文庫 ブルーライン)

著者 : 栗城偲
制作 : 陵 クミコ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年9月15日発売)
3.07
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 33人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677705

作品紹介

高校の同級生だった映次と恋人になって5年、“抱かれる=下になる”のが嫌な累はエッチを拒否してばかり。しかしある日、映次は事故で意識不明になってしまい――幼馴染カップルの上下争奪戦の行方は?

上下の沙汰もネコ次第 (フルール文庫 ブルーライン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年。陵クミコさん絵勝ち。上か下かで揉めることに終始するラブコメ。途中2人を黒白猫に投影するかのような猫の国に行く(夢)ファンタジー入る。白猫のツンデレ具合が良かった。そして巻末の陵さんイラストが可愛い。

  • 映次の家族はどうしたのかな?

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    高校の同級生だった映次と恋人になって5年、“抱かれる=下になる”のが嫌な累はエッチを拒否してばかり。しかしある日、映次は事故で意識不明になってしまう。見舞いの帰り、累が目覚めるとそこは猫の国。映次の愛猫・シロとクロにそっくりの少年たちが「猫の国で白猫と黒猫、どっちが上になるのか猫王様の前で決めて欲しい」と迫る。猫王様の城へ向かう途中、映次への想いを再確認した累は…。同級生カップルの上下決定戦の行方は?

    CPのそれぞれをクロとシロに擬えての猫の国なんだけど、クロシロが、微妙に映次と累に重ならなくて…。
    もっとガッツリ二人に似せて欲しかったなぁ。

  • ネコミミかわいい

全4件中 1 - 4件を表示

上下の沙汰もネコ次第 (フルール文庫 ブルーライン)のその他の作品

栗城偲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする