ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)

著者 : 衣笠彰梧
制作 : トモセ シュンサク 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年9月25日発売)
3.64
  • (3)
  • (13)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677781

作品紹介

生徒の全てを実力で計る、高度育成高等学校。最底辺のDクラス所属の綾小路清隆は、心優しき美少女・櫛田桔梗に懇願され、Cクラスの陰謀で停学の危機に陥ったクラスの不良・須藤を助けることになり……。

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良い

  • 学校側が強いてくる理不尽な状況に、どう立ち向かうのか。主人公のミステリアスな部分も少しずつ表れてきて、ここからどう話が展開するのか楽しみ。

  • ファミ通文庫の「バカテス」シリーズとガガガ文庫の「俺ガイル」シリーズを足して3で割って、今回はそこに「逆転裁判」成分を加えたような話。

    クラス同士の揉め事をジャッジするのに生徒会が出張る辺り、最近流行の学園モノで生徒会が尋常じゃない権力を持つのはもうテンプレを越えた宿命なのかと。あ、「俺ガイル」はそうでもなかったですかね。あれは例外中の例外、いたって普通の生徒会ですか。

    新登場にして今回のキーマンであるキャラの佐倉さんがお気に入りです。生理的に受け付けるのが難しいキャラが多い中、ようやく裏表の少ない普通のキャラが出てきたような気がします。

  • ストーリーとヒロインの両方に嘘がある話。
    黒幕さんはどこまで頑張ってくれるんやろな。

  • いくらなんでも気が付くだろ、な話。

    主人公がどこまで三味線ひけるのか、楽しみになってきた。
    あと、メインヒロインのデレ期はいつか。
    見せてないだけだとは思うけど。

全5件中 1 - 5件を表示

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)のその他の作品

衣笠彰梧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする