Re:ゼロから始める異世界生活7 (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
4.06
  • (11)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 263
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677804

作品紹介・あらすじ

度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。『死に戻り』した記憶を活かし、スバルは王選候補者であるクルシュやアナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最高に爽快感のある展開だった。ここから魔女京都の対決がどのように展開していくか非常に楽しみだ。ヴィルじいとの悲恋のお話も気になるので、外伝もちゃんと買おうと思った。

  • (2020-06-13)

  • 有名なメイドさんが最後にかます。この破壊力はすごいな。堂々巡りを続けた話も一歩前へ進み、心を熱くする名台詞の多い良い巻でした。

  • 本作を読むきっかけとなった本巻の一場面

    ヴィルヘルムとテレシアのエピソードに心を撃たれる。
    アニメで→スロットで→本作で!

    白鯨討伐戦で皆んなが皆んな夫々に活躍し功績を分け合い信頼と友情を育む事が出来た。
    5、6巻で溜まりに溜まった鬱憤が張らせた感じです。

    ナツキスバルのこれ迄の負債が全部、倍返しで帰ってくる感じが爽快です。

    しかし本当の敵はベテルギウスロマネコンティ!

    次巻が相変わらず楽しみです。

  • 9月30日読了。図書館。

  • 白鯨討伐回。
    これまでさんざんな関係だった登場人物たちと手を取りあい、協力して大敵に挑む展開は胸が熱くなりますね。
    そして物語は後半戦、魔女教との対峙へ。

  • 白鯨戦完結!
    ユリウスとも仲直り(?!)して・・・
    次巻はメイザース領へ!

  •  緊迫感満載の交渉描写の類まれさ、共闘の中で生まれていく熱い友情譚、そして絶望的なまでに強大な敵に立ち向かうカタルシス。
     下手なレビューなど不要というべきの、お見事の一巻である。

  • うーんと…

    存在を消すとかこわい

  • 白鯨との戦いを描いた一冊。三度の死に戻りの後の反撃の前半という感じ。相変わらずの綱渡りで何とか他人の力で苦難を乗り越えていく主人公嫌いじゃないです

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2019年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活7 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×