まにまに

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.56
  • (33)
  • (95)
  • (104)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 968
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040677934

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/12/5

  • 2015.12.2

  • 物事の視点が違うというか、スルーしそうなところが自身のアンテナにひっかかってて、さすが作家さんだなぁと思った。

  • いい感じで読ませてもらいました。

  • 西加奈子さんの小説が大好きなので。
    才能溢れたスーパーウーマンに見えるけど、普通の人と同じように努力したり、失敗したりしてるんだ!と嬉しかった。なんというか、すごく普通の感覚を持った人なんだな。
    人間が好きで、あったかい人だからこそ、あーゆう小説が書けるんだ〜。
    1ヶ月コーディネートの話にめっちゃ笑った。

  • 図書館で借りた本。
    著者の日々思うことなどが書かれたエッセイ。
    一話2ページほどで、「まにまに」のタイトル通り、あらゆる時間の間に間に、するっと読み終えてしまった。
    最後の本についての章は、読んだことのない本が多く、読んでみたくなったので、読みたい本に追加させてもらいました。

  • 町田康に続き、西加奈子のエッセイ本。
    中盤からでてくる音楽評はびっくり。ほとんど知らなかった。大分疎いんだな。私。なんか決まりきったものしか聞かなくなってるし。ちょっと刺激されてみようと思う。
    書評についてもしかり。青い眼がほしいは1度手にしてるのに途中で脱落してしまった。洋書は苦手だ。またチャレンジするべし。
    西加奈子が結婚してることも初めて知った。子供できるかな?女性作家はそういった変化もまた楽しみ。
    サラバで出しつくしちゃったのでは?
    エッセイでなく西ワールドを
    また体感したい。

  • 西さんの久しぶりのエッセイは読んだ後、無駄に明るく元気になれる内容なので好きです。全く面識は無いのですが、横でお喋りしてくれている感覚に陥ってしまいます。西さんのイラストも内容に合って入り、気軽にサラッとしたタッチが良いです。西さんがいつの間にかご結婚されているみたいですし、これからエッセイや小説を書く上で変化があると思うので楽しみです。

  • 久しぶりの小説かな、と思っていたらエッセイでした。が、こういうのも新たな刺激(音楽、書籍など)をもらえて楽しいものです。

  • 日々のこと、音楽のこと、本のことでわけたエッセイをまとめた一冊。
    エコな女が乙姫を探して、合流まじ注意、オロ三枝、がよかった。

全100件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

まにまにのその他の作品

まにまに (角川文庫) 文庫 まにまに (角川文庫) 西加奈子

西加奈子の作品

ツイートする