世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)

著者 : 細音啓
制作 : ふゆの 春秋 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年10月23日発売)
3.63
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040679426

作品紹介・あらすじ

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――覇都エルメキアを舞台とした三大姫の大暴れで「再来の騎士」の名声が高まる一方、レンは騎士王ゼルブライトとの激闘の末、新たな「英勇」としての可能性を顕示。そして一行は最後の封印を解くために冥界へと歩みを進める。危険すぎる道中の先に待ち構えるのは、エリーゼの弟である現魔王ヴェルサレム、五大災、正体不明の沈黙機関。過去と因縁に囚われし者たちが鎮魂曲(レクイエム)を奏でる中、現在と未来を切り拓く偽英勇の熱き叫びがこだまする。「太古(むかし)を誇るだけの獣が、現在(いま)を生きる人間を舐めるんじゃねえ!」――いま、最も王道を行くファンタジー、怒涛の第5弾!

世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪魔編
    弟は意外と賢い奴やった。
    いよいよ敵が出てきたな。今後が楽しみや。

  • エリーゼの回ではあったけど、ルルの方が印象が強い。エリゼリスver.のイラストが悪魔的美しさ(悪魔だけど)。魔境も魔王城も魔王戦もみんなギャグっぽく進んで物足りないと思ってたところに、ギリギリのバトル。3姫に対抗できる勢力が盛り上がってきた。フィア派なんだけど、キリシェが本命なのかなぁ。

  • 今回の舞台は魔界。と言うわけでメインは表紙の通りエリーゼ…となるかと思ったけど、それよりも現魔王やら五大災の新登場キャラやら最終?敵勢力やらと盛りだくさんで若干霞んでしまったか。まぁ戦闘の最後は存在感を示したけど。私的には現魔王がいいキャラ過ぎてなぁ(笑)レンから見れば十分強いんだろうけど、周りが規格外すぎて可哀相になるくらい。今後もシリアスほどほどの場面で出てきて欲しい(笑)。

  • やはり当初の巻に比べると見劣りしてしまう印象。
    この巻にしても物語としてはほとんど進んでおらず、最終的な終着点が見えていないために読んでいる側としてはもどかしい。
    主人公の成長が具体的に描かれていないだけに、戦闘もどうしてもダメージを追った主人公が気合で頑張るだけという展開になってしまう。

全4件中 1 - 4件を表示

世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)のその他の作品

細音啓の作品

世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする