実家からニートの弟を引きとりました。

著者 :
  • KADOKAWA
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680637

作品紹介・あらすじ

私はアンタのATMかっ(涙)! 実家からニートの弟を引きとり、養うことになった駆け出しのマンガ家・沼津マリー。ゲーム三昧の弟を漢気あふれる姉が更生に導くドタバタ・コメディ! 精神科医・斎藤環氏も推薦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミックエッセイを幾つか読んでいた中で、思いのほか実用的で学ぶところがあるものを発見したので本棚登録しておく。ゲームに没頭して引きこもりになった弟を実家から連れ出して、作者が取った行動は、、、
    やりたいことが見つけられない、社会に順応できない人をどうにかしたくて心をすり減らしている人々に読んでもらいたい一冊ですな。

  • 一人暮らしをしている所へ、全額負担で
    ニートの弟を引き取ってきた。

    そこから始まる二人暮らし。
    もちろんというか当然というか、光熱費その他
    がっちりと上がっています。
    2倍、というわけではないですが…。
    それでも養い続けた姉がすごい。
    宝くじを基本とした5万円の決断もすごいですが。

    プライドは大事だな、と関心。
    しかしこれ、違う方向への無駄なプライドではなく
    プラス方向のものでよかったな、と。
    もちろんその辺り、削られている部分もあるでしょうが
    結果よければすべてよし?w

  • さすがの沼津マリー先生。面白い!ためになる。少し順調すぎる気もするけれど。

  • このあとも知りたい。

  • 【57/ 10000】
    実家からニートの弟を引きとりました。
    沼津マリー

    インドでキャバクラのマリーさん、ニートの弟との生活を綴ってます。

    よく、ぶち切れないなぁと感心。

    家は兄&弟の三兄弟ですが、ニートに一番近いのあたしだよ(笑)

全6件中 1 - 6件を表示

実家からニートの弟を引きとりました。のその他の作品

沼津マリーの作品

ツイートする