ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • KADOKAWA
2.97
  • (1)
  • (14)
  • (44)
  • (10)
  • (4)
  • 本棚登録 :234
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680743

作品紹介・あらすじ

移住して3年、ますます一家の好奇心が炸裂!  船に乗ったり家電を修理したりパンを売ったり…日々の暮らしには慣れたけど、やっぱり一家の毎日はヘンな驚きと発見がいっぱいで……。 一家揃って「外国人」なベルリン生活3年め、スタートです。300万部突破シリーズの最新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供が成長してる!小栗さんはあまり変わらない印象。筏のゴージャス版みたいな船を無免許で運転できるのにびっくり。3年住めば日常のトラブルネタは減るだろうから、これぞ異文化、ということをこれからも紹介してほしい。

  • ドイツ人ってもっとちゃんとしてるイメージだった(笑)

  • 図書館にて。
    いつの間にかベルリンに移住されていたとは。
    ドイツ生活の情報だけじゃなく、いつものトニーさんのマイペースなところやさおりさんとのやりとり、息子ちゃんも可愛くて楽しめた。

  • 2017/5/31読了

  • トニーニョが随分成長していてびっくり!

  • with baby 編を読んだ記憶があるのに、子供の成長ぶりにビックリ。

    ドイツのストレス発散の 車の破壊する行為は、よくアメリカなどの不買運動で、日本車をハンマーで壊すシーンをテレビで見ながら、怖いと、思ったことが多かったけど、他の国でも、単に、ストレス発散にしていることなのか?と、ビックリ。

    小舟で小旅行を楽しめるのも、ドイツならでは。
    ブレーキが、ないというのも、少々怖い。

    白アスパラを4月から6月24日まで、食べるという慣習も凄い。
    小さい時に
    アスパラの缶詰は、みんな白で、店頭に出た時のグリーンアスパラとの違いが、よく分からなかった。

    地下鉄で、さおりが、バックを忘れるという災難。
    海外での盗難、すり、置き引きだけでなく、自分自身の不注意が、その後の処理が大変。
    そして、言語が、普通に通じないと、被害がどんなものか?もわからない。
    鍵も、カードも、財布も全部無くした時の落胆は、言葉に言い尽くせないだろう。

    食品衛生許可書については、こんなに簡単に取れていいものか?と、、、疑ってしまう。

    でも、ドイツに行ったことがないので、面白く読めた。

  • 1000円の内容ではない。

    バッグを置き忘れた話や、船を借りて一泊する話など、ベルリンで起こったことやったことを書いてるが、一つ一つのエピソードが薄くて読み応えが全然なかった。

  • もう三年も経ったことに驚き。
    トニーニョもだいぶ大きくなりましたね。

  • 飽きた。

  • 子供が小学生になってる!!あっという間ですね。ドイツのワンダーヤーレという職業は初耳。各地を転々としながら修行する職人で期間は3年と1日、故郷に50キロ以上近づくのは駄目、移動宿泊に自分の金は使わないなど。3年と1日の1日はおまけなの?何か意味があるのかな?

全28件中 1 - 10件を表示

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

小栗左多里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はこんな本です

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を本棚に登録しているひと

ツイートする