日本人の知らない日本語 4 海外編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.70
  • (11)
  • (10)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680835

作品紹介・あらすじ

最新刊がついに登場!
第四弾となる今作では、おなじみ凪子先生と漫画担当の蛇蔵さんが海外上陸!
ヨーロッパを中心に現地のオタク事情などもご紹介しています。
さらにユニークな学生たちが続々登場です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうも1~3は、日本にある外国人向きの日本語学校の話らしいが、4はそこの日本語教師の海野凪子さんと漫画家の蛇蔵さんがヨーロッパの日本語教室(大学、高校など)を巡るというもの。フランス、ベルギー、ドイツ、イギリス、オーストリア、チェコ、スイスなどで、日本語を学ぶ学生たちと交流するなかでの、彼らの愉快な勘違いや言い間違いに腹を抱えて笑ってしまうが、いや待てよ、結構難しい日本語をすごく頑張ってマスターしてるよなと感心してしまう。日本語を学ぶ動機が、日本の文化への関心から入っていて、その多くが漫画や若者のファッション、アイドルなどなので、へぇーと思ってしまう。なんか日本への愛が感じられて、嬉しい気分になる。1~3も読んでみたい。5から後も出ているのかな。

  • ヨーロッパのいろんな国で日本語勉強してる人たちを回った編。それぞれ日本語だったり日本の文化を、いい具合に自分に合わせて取り入れてる感じが垣間見れて楽しい。

  • マンガでさらっと安定の読みやすさ。
    外国で日本語を学ぶ人たち、とその先生。

    ベルギーのゲント大学で貝原益軒の養生訓を原文をテキストに東洋医学と西洋医学の違いにも言及する授業。
    ベルギーの大学すげー。
    養生訓って名前は覚えてるけど内容一切知らないヨ!

    あとチェコスロバキアがチェコとスロバキアという別の国になっていたこと。それも1993年に‼︎

    各国ちょっとずつで、浅く終わっちゃってるから、もっと深く書いてったが面白いと思う。

  • 1~3に比べて旅行レポの色が強いかなぁ
    面白かったけど

  • 言語は世界共通で謎☆

  • 繝ィ繝シ繝ュ繝?ヱ縺ョ螟ァ蟄ヲ縺ョ譌・譛ャ隱槫ュヲ遘代〒譌・譛ャ隱槭′縺ゥ縺ョ繧医≧縺ォ謨吶∴繧峨l縺ヲ縺?k縺

  • 日本語再発見。面白かった。

  • 凪子先生とイラストレーターの蛇蔵さんが海外の日本語学校を巡る旅に出た時の記録。
    私が想像している以上に日本は海外で愛されているのだと感じた。日本社会にはびこる自虐史観のせいで、本当の日本の姿は外国の方の方がよく見えているのかもしれない。
    日本人でもなかなか読まない『養生訓』をテキストに使っている日本語学校もあってびっくり。
    ドイツ人がそれほどソーセージを食べないというのも初めて知った。ビールのお代わりは無料というのはさすがだと思った。

  • 海外のことを知るのはとても好き。
    それは、日本の「当たり前」が当たり前でなくなり、理由を知れるからかもしれない。それが伝統だからと押しつける考えは好きではない。
    海外の人が日本の文化を気に入ってくれるのも嬉しい。

  • 同シリーズの海外編。
    リンクする部分はあるが、国内編とは違うので、これ1冊でも楽しめると思う。
    国内編が濃かったので、海外編だけだと少し物足りないかも。
    各国の「なるほど」と思えることが散りばめられていて良い。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ゲーム会社にてコピーライター兼デザイナーとして勤務後、独立。フリーライター兼イラストレーターの時代を経て、絵と文を同時に書けばいいのではと遅まきながら気付き、漫画家の道へ。著作に『決してマネしないでください。』、『天地創造デザイン部』(原作)など。

「2021年 『傀儡戦記(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蛇蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
辻村 深月
宮下奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×