ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

著者 : カマタミワ
  • KADOKAWA (2016年2月19日発売)
3.72
  • (9)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :109
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040681405

作品紹介

アメブロで超絶人気!
『半径3メートルのカオス』の著者カマタミワによる待望の初書籍!!

お風呂上りは干してあるパンツを「収穫」してそのまま履き、
渾身のつまみ、酒、DVDを用意して一人映画祭を執り行う。
スーパーの半額タイムでは、恋愛でも出ない勢いのアドレナリンを大噴出。

18年めになる一人暮らしのすべてをさらけ出しました。
オールカラー、大容量の176ページ! しかも描き下ろし100ページ超!!
ブログを熟読してきた人にもソンをさせない
読みごたえたっぷりの内容でお届けします。

ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で気になっていたので、かりて読んでみました。自分が一人暮らしをした時に参考にしよう!って思いました。見てても、楽しかったです!

  • 爆笑

  • あるがるがいっぱい。

  • 一人暮らしをいかに楽しんでいるかというエッセイ漫画だが、どちらかというとお部屋遍歴と汚部屋から普通に貯金とか出来るようになるまでがメイン。
    最初の方のダメっぷりがすごいけどそこから持ち直せるように自己改革出来たのがすごい。

  • ブログで気になり読みたかった本。
    期待通り面白かったけど、意外と真面目な?お話もあった。いや、お金の使い方とか本当に気づいて素晴らしい。良かった…。
    続刊も楽しみ。

  • 面白かった〜。
    最初カバーかけて電車の中で読み始めたんですが、笑いが込み上げて無理でした。笑

  • カテゴリは「コミックエッセイ」なんだろうけど心構えとして自分に刺さったのは7~8章のお金の貯め方・使い方だったので「投資」に分類。失礼ながらこんなにだらしなかった彼女でもできるんだからと一念発起して、面倒くさいのと不確定要素が多くて放置してた老後の計算をやってみるきっかけになった→赤字の未来破綻図に慄いて今家計見直し中(間に合うかどうかは不明)。

    全編面白すぎ。他人事とは思えぬ親近感。
    特に笑ったのは”生活”VS”女子”。
    そうだよあんまり”女子”いじめると反動のブチギレがすごい。その後我に返って反省→節制するんだけど、”生活”に追いやられる毎日がまた積もり積もって大爆発!の永久ループ。ちょっとずつガス抜きするのも必要なんだなと改めて思う。

  • いやぁ実に面白い.偶々偶然TwitterでRTされてるの見て「これは面白い!」と思い「まぁ見かけたら買ってみるか……」と思ってたら見かけたので買ってみた.並んで置いてあった『半径3メートルのカオス』も買ってみようかしらね.

  • ラジオの壇蜜さん経由で知ったのです。一人暮らしの身として、こんなことあるよねー笑みたいな感じでスイスイ読み進められた。面白い。

  • おもしろいけど、小さい字も多くごちゃごちゃしていて読みにくい。

全18件中 1 - 10件を表示

ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

カマタミワの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
又吉 直樹
佐々木 圭一
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はこんな本です

ツイートする