five senses (フルールコミックス)

著者 : 桃子すいか
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年3月17日発売)
3.54
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040681412

作品紹介・あらすじ

「試しにさ、脱いでくれる」

ヒモとして暮らしている美大講師・隅恵輔が、
パトロンとのセックスの間にも考えていること。
それは、15歳も年下の男・“しろ”を描くことだ。
一方、“人を描けない”美大生のしろも、
躰を這い回るような隅の視線を浴びている内に、
ほの暗い欲望が、自分の中で膨らんでいくのを感じ――…。

ノンケの講師×人が描けない美大生、
夢の中で後輩に何度も犯される研究者、
テレフォンセックスにハマる男…
5種の官能が交じり合うエロティック・オムニバス!!

描きおろし1話分収録。

five senses (フルールコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言うほど官能的ではないかな。聴覚のお話は好みなのでもっと読みたいと思った。

  • 五感がテーマとのことで。
    嗅覚、味覚辺りがエロとしてはヤバイかなとワクワクしながらか購入した記憶があります。

    絵のモデルとして見られる、触れられる、最終的に味われる。ってのは、分かりやすくって良いと思うし、声フェチは心に響くのですが、嗅覚のお話に関しては、なんか「これ理解出来ないとバカと思われそう感」が半端なくて、自分のバカさに悲しくなりました。読み手が卑屈になる(笑)たまにありますよねそういうの。

全2件中 1 - 2件を表示

five senses (フルールコミックス)のその他の作品

桃子すいかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井戸ぎほう
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

five senses (フルールコミックス)はこんなマンガです

ツイートする