Re:ゼロから始める異世界生活 (8) (MF文庫J)

著者 : 長月達平
制作 : 大塚 真一郎 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年3月25日発売)
3.74
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :112
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040681771

作品紹介・あらすじ

強敵『白鯨』との激戦を乗り越えて、再びメイザース領へ舞い戻るナツキ・スバル。共に死闘を潜り抜けた討伐隊に、因縁の末、和解したユリウスの存在を加え、一同はついに宿敵、大罪司教ペテルギウス・ロマネコンティ率いる魔女教徒と激突する。エミリアたちを狙う『怠惰』の邪悪な企み。幾度も目の当たりにした惨劇を回避し、
運命を覆すために、スバルの『死に戻り』の経験が活路を開く――!「それじゃ、いっちょ頼むわ。――頼って縋って、みんなの力で勝ちにいこうぜ」TVアニメ放送開始の大人気Web小説、絆と決意の第八幕。

Re:ゼロから始める異世界生活 (8) (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 順調に行くかと思われた魔女教討伐が、ラストでまさかの展開に。
    さておき、いけ好かないキャラだったフェリスとユリウスの好感度アップが半端ない。

  • 魔女教討伐、前編。
    ユリウス、良い人だね~。
    パトラッシュ、カワイイね~♪

  •  ライトではあるが、スプラッタホラー小説の面目躍如の巻。

     なるほどベテルギウスの在り様は予想の範疇だったとはいえ、その描写が秀逸でかなり怖い。
     また、中盤から進んでいくジリジリした展開の描写は、読み手を引っ張り込む力を感じたところ。

     そして、とどめのラストに驚愕。
     次巻はどこを着地点にして物語(死に戻りの起点)を始めるのだろうか?。

  • もう8巻かぁ
    貸してくれてありがとう
    でも別にハマってないんだよね…(小声)

    対ペテルギウスの話

  • 読み終わって思った。フェルト出てこないじゃん。
    でも巻頭イラストと表紙がとても可愛かったから…本編のうわぁ感をちょっとでも相殺してくれた感じで良かったかも。

    というかどうなるんだ、この続き。
    スゴイ気になる。いくらやり直せるからってもうそろそろスバル君の耐久値が切れるんじゃなかろうか?キリト君の魂の寿命とか言ってるのと同じレベルの負荷だと思うぞ。

    というわけでアニメでこの終わりぐらいまでやるのか?その辺はちょっと楽しみ。白鯨狩りは熱かった。そしてペテ様祭り・・・すごいな。人気というと語弊があるだろうけど…忘れられないキャラなのもわかる。勤勉だし。何事にも全力投球が良いって訳じゃないんだよなぁとちょっと考えさせられたりしました…

全5件中 1 - 5件を表示

Re:ゼロから始める異世界生活 (8) (MF文庫J)のその他の作品

長月達平の作品

ツイートする