そんな世界は壊してしまえ (2) ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)

著者 :
制作 : カントク 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.36
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040683188

作品紹介・あらすじ

人類の『敵』――“アンノウン”と戦う近未来。防衛都市東京に所属する朱雀壱弥は、初めての問題に直面する。狂っているのは自分か、それとも世界か。あるいは――「いつもにこにことなりでスマイルピース! あなたのカナリア、みんなのカナリア! 毎度おなじみ、宇多良カナリアです!」――この女か。水着で無意味にぴょんぴょんするカナリアに、朱雀の正義が揺れ動く。逡巡の末、新たな仲間たちを指揮するが……「教えてあげる――その気持ちが、恋だよ」「おまえ、もしや目が腐っているのでは?」TVアニメ『クオリディア・コード』7月より放送開始! 原作プロジェクトにして、『変態王子と笑わない猫。』コンビが贈る青春ラブコメの最前線、待望の第二弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 痛快娯楽ものかと思いきや、心にどす黒い感情が。裏切りは嫌だな。
    現時点では何も進展していないはずだが
    主人公の思い出の人も前巻で公開されたし
    設定のみ謎で他が隠されてない。
    ラブコメでもなく。
    戦闘物でもなく。
    すっきりしない。

  • 端的に言うと意味が分からない。クオリディアシリーズ東京2冊目。1巻を再読してから読んだので覚えてないということじゃないのだけれど、朱雀がカナリアに対して感じたカタルシスが全く分からなかった。人類愛だが迷い中の朱雀、とことん合理主義で全体主義な主席、世界が好きと言いつつ世界に自分しかいないカナリアと三つどもえの変態どものはずが、何がどうしてカナリアに愛を感じることになるのか。へっぽこたゆんたゆん頑張ればできます!なカナリアさんは怖し、何も解決してないのですが。朱雀は何を感じたのか。クオリディアシリーズは私には合わないのかもしれない。

  • 私だったらつぐみちゃんを主人公に設定していただろうと思うので、そこにさがら総の作家性が現れているのかな。先輩がすてき。

  • この人らしいフワついた(?)感じの展開。「彼は 。友だちと同じ列車だった 」ってところでなんの前触れもなく涙腺微決壊。物語の途中から結構朱雀の感情に引き込まれていたっぽい。

  • とりあえずアニメ見るまでにどうにか読めた。時間軸はこの後の話みたいね、朱雀さん首席になってたし。そんなアニメの前日譚だからか、一応はハッピーエンドっぽいけどどうにもすっきりしない感じ。カナリアの(表面上の)明るさに反していろいろと闇が深い東京勢は神奈川勢の変態ぶりを取り入れたらいいんじゃないかな(他人事)。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。東京都在住。
2010年、『変態王子と笑わない猫。』で、第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞し、デビュー。
趣味は将棋。

そんな世界は壊してしまえ (2) ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)のその他の作品

さがら総の作品

ツイートする