山の霊異記 赤いヤッケの男 (MF文庫 ダ・ヴィンチ あ 2-1)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040683973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山の怪異のみを厳選して書かれている短編集。まさに山とは異界そのものか。どの話しにも全く予測のつかない怖さと結末がある。山登りは多分一生することがないだろう私にとっては、山の魅力を伝えてくれる話しの数々でもある。

    この短編集のすべてのエピソードが怖く意表をつくものだが、あえて選ぶとするなら、表題の「赤いヤッケの男」と「アタックザック」の二編が怖かった。また人の生き死にが関わる「山」の話しには、悲しいものも多い。「急行アルプス」「巻美温泉」「猿ぼぼ」など。なんとも釈然としない、怖くて不思議で印象に残るのは、「カラビナ」「鎌策婆」

    遠い昔の学生時代に、ワンゲルのバイトを回してもらって一泊二日で大台ケ原に行ったことがある。ジャージとスニーカーだったのでたいした山歩きではなかったが、渓谷を望む景色が忘れられない。ここには「いっぽんだたら」が住むそうだ。

  • 怖い話も好き、山の話も好きなので全般的に面白く読みはしたが、実話の体を取っている割には、どうも上手くきれいに物語をまとめ過ぎている感があり、ちょうどいい按配のリアリティーを超えちゃっているような。
    おおこれはホンマにありそうで怖いな、よりも、嘘やろー、が勝っている感じ。

全4件中 1 - 4件を表示

山の霊異記 赤いヤッケの男 (MF文庫 ダ・ヴィンチ あ 2-1)のその他の作品

山の霊異記 赤いヤッケの男 (MF文庫 ダ・ヴィンチ あ 2-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする