君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

制作 : 新海 誠 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年8月23日発売)
3.76
  • (12)
  • (16)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
  • 172人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040685090

作品紹介

夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉が夢で見た、東京に暮らす男子高校生・立花瀧。出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新海誠監督の同名アニメ映画をコミカライズ。1巻は瀧と三葉の入れ替わりドタバタコメディ部分(奥寺先輩とのデートまで)が描かれる。
    基本は映画に忠実だが、要所要所に映画にはないセリフや描写が追加されており、映画を見た後でも楽しめる。特に、奥寺先輩とのデートを控えた瀧が

    「あいつ(三葉)の好きそうなものなら分かるんだけどな」

    と呟くのにはニヤニヤしてしまった(このセリフは映画にもあったっけ?)

  • 男女入替り
    17.04.28 新規up

    全03巻 完結

  • “千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
    そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。
    「不思議な夢…。」
    一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高生になっているのだ―。
    彼らが体験した夢の秘密とは?出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。”―裏表紙より。

  • 読了。漫画も買ってしまった。2巻も買うな。

  • 大ヒットした作品のコミカライズ。
    映画は見れなかったので、いつか見たい。
    入れ替わってからのふたりのやりとりがかわいい。
    続きが楽しみ。

  • ブームが終わり切った頃に完結予定

  • 映画の前半に相当。
    ほぼ映画どおりだけど、ちょっとしたセリフ・シーンが追加されていたり。その中でも入れ替わった翌日の滝くんとお父さんとのやりとりのシーンは良かった。

  • 映画+αを期待

  • アニメを超えるにはハードルが高い漫画形態。映画体験の記憶を辿るには手軽な媒体として楽しめた感。

  • まさかの*+券発行となwww

全10件中 1 - 10件を表示

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)のその他の作品

琴音らんまるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)に関連するまとめ

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする