魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉15 (MF文庫J)

著者 :
制作 : 片桐 雛太  よし☆ヲ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040686011

作品紹介・あらすじ

空前絶後の大軍で侵攻してきたムオジネル軍は、ブリューヌの総力の結集と戦姫たちの助力、そしてティグルの乾坤一擲の活躍でついに退けられた。人々が祝杯を挙げ、王都の復興が進む中、これまで以上に声望を高めたティグルは思いがけぬ人物からの告白を受ける。今後やらなければならないことと、ブリューヌの人々が望む英雄としての未来との間で思い悩むティグル。時同じころ、風雲急を告げるジスタートでは、ヴァレンティナの野望がついに形となって動き出す。ティグルたちの動向を伺う魔物たちも、悲願達成のために牙を剥く。息つく暇もなく、さらなる大きな時のうねりの中で英雄の戦いは続く――大ヒット最強美少女ファンタジー戦記の最高峰、第15弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本巻除き、ラストまで後2巻らしい。

     予想どおり、つまり6巻以降の伏線のとおり、最終章はジスタート内紛とそれをどう克服するかという展開へと。
     最終章の序たる本巻は、全編に渡り、ティグルの王就任への伏線と、敵・味方の色分け、そして敵の一部には退場いただく巻であり、後続巻への種まき要素が濃い。

     従前、楽しく読んできたので、余程のことがない限りマイナス評価はしないだろう。著者は思いっきりラストに向かって進んでほしい。
     また、ハーレムも、これまで(2人+レギン王女)で充分に適度だ。あと二巻しかないことを考えると、それなりに説得力を持たせる描写を入れることは困難だし、それでなくても少ない本筋の分量が減るだけに思う。

     戦記物語としてキッチリ締め、序盤から相思相愛のエレンとの関係を公的にキッチリ締めてくれれば、それで充分。

  • ティグルがだんだん見境なくなってきた。ティッタ派だけど、ミラもなんとなく応援してしまう。広げに広げまくった伏線のまとめに入りりつつあるんだろうけど、妙に雑な感じを受けるのはなぜだろう。特に魔物関連の部分。戦姫全員を手篭めにする流れではなさそうだけど、ワンチャンある気もする。

  • シモヘイヘ並みのスナイパースキルで敵の指揮官を的確に狙い撃ち、戦線を切り開く主人公・ティグルの英雄譚。その第15弾。

    今回からジスタート篇が始まり、いよいよティグルがどこぞの国の王になりそうな空気が漂い始めましたね。
    当初はレギン王女と(名目上で)くっついてブリューヌの王になるのかと思いきや。この巻の初っ端でそのフラグをへし折ってジスタートに行くことにしたティグルさんがマジパないすね。

    で、赴いたジスタートで政変が起こり、物語が風雲急を告げることに。まさかヴィクトール王があんなになってしまうとは思わなかったです。前パートでティグルに説教かました、あの老獪かつ威容溢れるオーラはどこへ行ってしまったのか。

    クライマックスの展開を見るに、今後は戦姫同士の戦いに発展しそうですね。
    現状、戦姫同士の関係性を考慮すると、頭数的にどう考えてもヴァレンティナが不利に見えるのですが、そんな勝算のない戦いを挑むようなキャラには思えませんし…はてさて、どうなることやら。

  • 嵐の前の静けさと言ったところか。裏で動いてたヴァレンティナが遂に表舞台へ。まぁ最後の激突はこっそりと、だけど。戦姫同士の争いに加え魔物側も内紛?が起こり混迷の度合いが増してきます。もちろん恋愛面もな!まあエレンとティッタが強くて他は若干勝ち目薄そうだけど、最後はティグルさんが何とかしてくれるでしょ(適当)残り2巻で完結とのことだけど、ジスタート・ブリューヌの中の話で決着しそうかな?他国とのつながり等もあったからそこまでまとめるとえらい物量になりそうだが。

  • バレンティナの野望が割と平均的なところに収まったのは拍子抜けだった。もっととんでもないことを企ててた方が良かったな。あと、ハーレム作ればいいんじゃない。

全6件中 1 - 6件を表示

川口士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする