Re:ゼロから始める異世界生活10 (MF文庫J)

著者 :
  • 角川書店
3.96
  • (8)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 237
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040686769

作品紹介・あらすじ

魔女教大罪司教『怠惰』を討伐し、エミリアとの再会を果たしたナツキ・スバル。辛い決別を乗り越えて和解した二人、しかしそれは新たな波乱の幕開けだった。避難した村人の半数が戻らず、不安に揺れるアーラム村。同じく戻らないロズワールやラムとの合流を目指し、スバルたちは一路、『聖域』と呼ばれる地へ向かう。そこでスバルたちを待っていたのは、一筋縄ではいかない住人たちと、妖しげに笑うロズワール。――そして、夢の草原に佇む一人の『魔女』だった。「ボクの名前はエキドナ。『強欲の魔女』と、そう名乗った方が通りがいいかな?」大人気Web小説、過去と誓いの第十幕。――過去と現在の交差する、新章突入!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本作もいよいよ10巻目!(銀河英雄伝説であれば完結巻ですが)本作はまだまだ折り返しにも至っていない(であって欲しい)

    ロズワールが帰ってこない。
    ラム達も帰ってこない。
    ロズワールの屋敷には謎の使用人が?
    ベアトリスとの関係修復は?
    新たな司祭達の情報は?


    てなわけで本作では頼れる漢?ナツキスバルが大活躍?カラー挿絵のスバルの両親も気になるし、冒頭の魔女エキドナ?も気になります・・・・。

    因みに本作品は泣けます!

    是非お読みください。

  • 12月23日読了。図書館。

  • 新章・聖域編突入。
    4章「親子」は、待ちに待った感じのスバルと両親の登場。乗り越えたスバルが凛々しく感じた。

  • 先月発売されたという割には本屋で見かけないなぁと思っていたら池袋にはあった。流石のサブカルシティだ。

    というわけで4章はアニメ化を待とうかと思ったのだけれども続きが気になってというより「お、あるじゃん」と購入。これは又気になるところでお姉さま登場。どうする、どうなるスバル!続きが楽しみ。
    ご両親の辺りで泣かされました。そうか、スバルのウザイしゃべり方は中年オジサンのそれだったのか…そりゃあ中高時代は浮くだろうな… 
    そしてスバルの2トップキラ星レムとエミリアたんはどうなってしまうのやら。次巻も出たら買いそうだなぁ…ウウムゥ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2019年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活10 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×