ガイコツ書店員 本田さん 2 (ジーンピクシブシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA
4.02
  • (45)
  • (46)
  • (23)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 644
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040686806

作品紹介・あらすじ

外国人のゲイのカップルご来店! 彼らが求めるジャパニーズエロティック漫画とは!? 
フェア戦争で売る側も買う側も死屍累々!
有害図書指定を受けた本の対応や、取次さんに解き明かしてもらうしかない事件発生で
今日も業務は終わらない!
本への愛とドラマで溢れた本屋さんの怒涛の日々をお送りします♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネームが編集さんと上司のダブルチェックだとは、、、。
    でも本当のこと描くんならそうなるよね。
    本田さんにはこれからも書店でいろいろ体験し続けて欲しいしあわよくば私もそれを漫画として読み続けたいです。(息継ぎなし)

  • 今回もたくさん笑わせてもらった!
    個人的に1巻のがおもしろかったなという印象。
    本田さんの謙虚で楽しい人柄が伝わってきて、応援したくなる!

  • 本田さん、まさか原稿は編集さんと職場の上司のダブルチェック体制だったとは…「描くな」と言わないだけ寛容な会社なのかな。働くって大変。。。

    取次話は、確かに出てくる人がいい人過ぎで羨ましい(笑)1巻に比べてエピソードで見せるよりも説明的だったのが、少し残念でしたが、色々なことに振り回されても面白おかしく笑い飛ばせるのが良いなと。

  • わかるなぁ…書店っていろんな問い合わせ多いし。
    でも、やっぱりこのコミックの舞台のお店は特殊なような気がする。外国人なんてほとんど来なかったし。

    フェアはなぁ…やっても反応寒かったからやらなくなっちゃったなぁ。一見の客が多い店だといいのかもしれないけど、ほぼ常連しか来ない店だと、常連客が欲しがるような新刊をちゃんと入れて並べるのが一番効果的だった。

    書店員飲み会、あったら参加してみたかったなぁ。

  • キャラクターや、設定話の進め方はとても面白い。
    ただ、やっぱり没ネタになってしまった話や、規制規制でなかなか載せないという実態にモヤモヤとしたものを感じてしまう。

    現役書店員さんとして描いてらっしゃるので無理をされて職がなくなったなんて事にはなってほしくないですし、大人の事情があることは重々わかるのですが、社外秘な話ならともかく書店のイメージを下げる、ということで話をなかった事にするのはそれ自体がイメージを下げているのではと思いました。
    本田さんの意趣返しだったとしたらそれはそれで良しです。
    本田さんに対して、というよりも、業界漫画を描くにしてもなかなか難しいものなのだなぁと全体的にもやっとした巻になってしまいました。
    ただ、フェアの話や、取次の話などは考えさせられることも多くノリとテンションだけの漫画だけではないところが本田さんの書店愛を感じられて好きです。

    本田さんは自分がチェックをしなかったために起こったことだと仰っていましたが(実際その通りなのかもしれないし、そうじゃないのかもしれないけど)、誰か個人や企業として傷ついたりするものじゃないのであれば、綺麗な部分だけ、面白おかしい部分だけを載せるのではなくこういう部分も実際あるという現実を見せてくれた方が潔くてカッコいいのになと思います。
    生きて動いている業界、企業ですから、それがなかなか難しいことはわかるのですが……。

  • 特典は甘い罠だよね。サイン本とかファンじゃなくても欲しくなるよね。作家さんのツイートも魔物だよね。と、誰かに向かって同意を求めたくなる。いや〜ほんと本屋さんも大変だろうけどレジで特典忘れられそうになったこと数回ある身としては頑張ってくださいとしか…

  • わぁ、上司+編集さんのダブルチェック体制になってしまったのか… まさに「自分の人生だいじに!」です。取次さんがいいキャラしている。「蒸し返すほどの絶許」という響きがすごい。

  • 各エピソードは面白いんだけど、ちょこちょこわかりにくい所も。あと登場人物がみんな顔が見えないので顔が覚えられないのと、表情がわかりにくい。

    私は本も本屋も好きな元書店アルバイトです。登場人物のみなさんが現在進行形で本に携わる仕事をされていること。本田さんが勤める書店が都会の大型書店であること。仕事仲間との人間関係が良好そうなこと。これらにいつも羨望と嫉妬の気持ちを持ちつつこの漫画を楽しんでいます。
    私が働いていたのは田舎の小さな書店なので、その辺の格差にも毎回驚く。私が働いていた書店では件のしおりの問い合わせなんて来た覚えがないし、大量に余ってたな(笑)

    好きな事に関われるってやっぱりいいなぁ。
    この漫画を通して本に情熱を持って接している方々を見るとほっとするし、嬉しくなる。
    本と本屋が好きな人がこれからもたくさんいますように。そして本田さんに更なる面白エピソードを提供してくれますように。

  • 巻末おまけ、読みたかった…。
    退職後のよくある実録でなく現職だから余計に難しいだろうなと想像します。現職だからこそ人気も出るし面白いのだけど

  • ぜひ、実写化してほしい♪ 俳優さんみんな顔が出ないけど(笑) 何が驚きって本田さん男性だったんですね! ずっと女性の方だと思っていたわ… ボツになった本屋を下げすぎたというお話読んでみたい。でも1巻の接客研修のお話、私は面白くて好きな回だったんですが、あれで怒られてしまうんですね… あれぐらいでって思う私が甘いのか〜。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本田(ほんだ)
漫画家。書店コミック売場で10年間働いた経歴がある。
書店で起きたことを漫画化してpixivで公開したことが『ジーンピクシブ』での『ガイコツ書店員本田さん』連載に繋がる。2015年単行本化され、3巻まで刊行された。2018年10月、アニメ化。
2018年7月8日読売新聞記事によれば、元・味の素常務取締役の故・若松八郎が祖父にあたる。幼少の頃アドルフ・ヒトラーをドイツで見たことがあるという祖父の存在が、作中における外国人客の巧みな描写に影響しているという。
ほか、ジーンLINEで『ほしとんで』を連載中。

本田の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×