わびさび 平尾アウリ作品集 (MFC)

著者 :
  • KADOKAWA
3.92
  • (2)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040687315

作品紹介・あらすじ

可憐で可愛い女の子、
のんびり暢気な女の子、
恋に悩む繊細な女の子、

平尾アウリが描く、さまざまな「少女」たちの
魅力が凝縮された、珠玉の恋愛作品集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者お得意の独特な世界観と
    ふわふわな女の子が舞い踊る不思議な百合。
    ちょっとクセのある百合をつまみたいときにおすすめ。
    さらっとしていて読みやすい。ギャグとラブは半々くらい。
    一部男女カプあり。

  • 最高。百合3割ギャグ5割くらいの短編集。

    どれもすごい。この人の書く百合はどれも現実主義で(その反動で真反対のもあるけど)一遍を読み終えたあと次を読む前に休憩を要する。

    たまにパースと解釈が困難なセリフがあって、文才を疑う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

AURIHIRAO8月30日生まれ。岡山県倉敷市出身。2007年に第2回龍神賞<銀龍賞>を受賞。受賞作『まんがの作り方』がそのまま「COMICリュウ」で連載化され、コミックス全8巻の人気作品となる。2015年~同誌で『推しが武道館いってくれたら死ぬ』連載開始。現在も大人気連載中。他のコミックスに短編集『4月1日』(徳間書店)『夏空に、きみと見た夢』全2巻(フレックスコミックス 原作・飯田雪子)『OとKのあいだ』『センセイと僕』(幻冬舎)『今日も渋谷のはじっこで』(祥伝社)『わびさび』(KADOKAWA)『青春の光となんか』(竹書房)がある。

「2018年 『推しが武道館いってくれたら死ぬ ④』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わびさび 平尾アウリ作品集 (MFC)のその他の作品

平尾アウリの作品

ツイートする