ひとりぐらしも神レベル (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

著者 :
  • KADOKAWA
3.86
  • (6)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040687667

作品紹介・あらすじ

カマタミワ。30代。一人暮らしも19年目に突入。
いいパンツとどうでもいいパンツのヒエラルキーを考えてみたり、植物に話しかけてみたり、
お中元のところてん突きで他の食材を突いてみたり、一人遊びもまずます板についてきた。
今回もオールカラー、大容量の176ページ!描き下ろしは100ページ超!!
全力で、ザツだけど楽しい一人暮らしの様子をお届けいたします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり面白かった。外で読まなくてよかった。
    放物線を描く黄身に一番笑った。
    今まで気になってたこと、やってみたくなった。

  • 人前ではちょっと読むのは恥ずかしいです。
    最初のほう、くすくす笑ってしまいました。
    5~9章はそんなでもなかったけど…わかるぅっていうこともあるし、そうでもないこともあります。
    一人暮らしって慣れると怖いですね

  • 一人暮らしのあるあるとか初挑戦とかいろいろ。

    一人旅って寂しくない?と思ってたけど、読んで自分の嗜好を遠慮なく堪能しまくってる所がちょっと羨ましいかも~と思うようになった。何萌え?って改めて訊かれると考えるけど今は動物・明るい景色・旨飯・本・美術館なんかがツボかなーと。逆にそこそこでOKと思えるのは宿(贅沢な部屋って落ち着かない)・夜景(感激しない)・温泉(気持ちいいけどすぐ飽きる)・寺社(見慣れてるもんで)・買いもの(旅先で買うべきか否か悩むの面倒)。彼女を見習って、一度どこか行った事のない所へいってみようかなという気になった。

  • お酒の話はよかったなぁ,ああいう飲み方はしてないな.

  • カポエラ習いに行ってしまう行動力!

  • 無意識?な独特な言い回しがいちいち面白くて好き。実際はかなりきれいな方というギャップがまたいい。

  • 新刊も5ページに1回は笑った

  • 201611/面白かった。もっとズボラなかたかと思いきや、色々努力や挑戦してるのも微笑ましい。

  • 盛りだくさんな内容で満足。できることを増やそうとしてる努力が涙ぐるしくも楽しそう。
    私もいつまでも1人の自由生活を満喫したい派なので、勇気づけられる(*˘︶˘*)

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

東京都在住。30代のイラストレーター。忘れられない人や出来事をマンガにしたブログ『ひとりぐらしカマタミワの半径3メートルのカオス』が大人気。Ameba公式トップブロガー。著作に『ひとりぐらしもプロの域』『半径3メートルのカオス』『ひとりぐらしも神レベル』(KADOKAWA)がある。

「2017年 『ひとりぐらしも極まれり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひとりぐらしも神レベル (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

カマタミワの作品

ツイートする