ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者 : 伊能高史
制作 : ガールズ&パンツァー劇場版製作委員会 
  • KADOKAWA (2017年1月23日発売)
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040688251

作品紹介・あらすじ

大ヒット劇場版アニメ、待望のコミカライズ第1巻!!

ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 購買意欲を削ぐ表紙は置いといて戦闘シーンが読み辛いのはどうにかならんかったのか。
    内容は劇場版を鑑賞しているのを前提されているのと時系列ではなく、各校のエピソードで進むのでこの本書だけを読んでも面白くも楽しくもないないだろうが、拾い上げられる合間を埋めるエピソードは更に劇場版の奥行きを広げる。あんこうチーム内でのやり取り、ダージリンからみた大洗、西住みほへの評価、ノンナのカチューシャにかける信頼、西隊長の突撃の聞き間違えが起こった真相、ルクリリのドジっ娘っぷり、っと見所を押さえたエピソードが面白い。
    然しダージリンの絶対紅茶を零さないマンみたいなキャラほんとなんなのww

  • これが読みたかったー!という感じの劇場版コミカライズ。こんなに細かくて大丈夫か(いつ終わるんだ?)というくらい細かくキャラクターの描写が掘り下げられていて素晴らしい。特にここにおいてはダー様が良い味を出している。戦車描写は若干わかりにくさもあるが、それを補って余りある魅力。今後に期待。

  • 前提としてTV版のガールズ&パンツァーやガールズ&パンツァー劇場版を観たあとで無いと厳しいのですが、きっとこのマンガを見る方はほぼ劇場版まで全部楽しんだ方ばかりだろうと思えば、「皆さんお勧めです!」 と言えるのでしょう。
    全体的には時系列に進んでいる感じなのですが、1話ごとに時間が少し戻ったり内容を補足するためのストーリーが組み込まれたりと、劇場版の尺では語られなくて観客が想像する内容が作者の視点で描かれているのが面白いです。
    「のんきに外でお茶飲んでた」が、言葉通りになるとああいう絵面になってしまうんですねぇ。余裕過ぎだろ!(^o^
    続きが楽しみです♪

  • 劇場版のコミカライズ。ただし本編通りというわけではなく,個々のキャラクターに焦点を当ててみていく感じ。収録は4話までで聖グロ,ノンナ,西,あんこうチームにフォーカスされています。とらのあなで買うと,4Pリーフレット付き。表紙のアリスがかわええ。

全4件中 1 - 4件を表示

ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)のその他の作品

伊能高史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)はこんなマンガです

ツイートする