知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本

  • KADOKAWA (2017年4月28日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040692142

作品紹介

トラブルに見舞われたとき、実は頼りになる「国の制度」を紹介するコミック実用書。
病気で倒れたら? 無職になったら? 家賃が払えなくなったら? 突然、身に降りかかる心配ごとを国の制度で解決していきます。
日本はそもそも社会制度の整った先進国。しかし、実際に使えるお助け制度は非常にわかりにくく、どう使ったらいいのかわからないものがたくさんあります。
“税金”という形で社会保障制度を支えるコストを払っているのに、その恩恵を受けることなく「無駄に税金を払っている」感を払拭するのが、本書の狙いでもあります。
また、こういった“使える情報”を知ることで、「意外と日本っていい国じゃないか!」と肯定的な意識を持てるようにしたい、と考えています。

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国が実施している制度を漫画を交えて解説しています。

    住宅ローン減税は家を買うときしか使えないと思っていましたリフォームでも使えるとは知りませんでした。
    教育訓練給付制度でも運転免許でも受けられるとは!
    今は必要性を感じていないけれどいずれ取得せざるおえないかもしれない、と薄々感じている運転免許。
    時間以外にも資金面でも不安を感じていましたが心が軽くなった気がします。

    何かあった場合や想定できる人生の転機のために調べておくべきだな、と思えました。

  • 制度は文章だけ読むと分かりにくいが、この本はマンガなので分かりやすかった。入門書。

  • マンガでわかりやすい。

  • マンガで分かりやすいが割と基礎的な内容かもしれない

全4件中 1 - 4件を表示

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本のその他の作品

清水京武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本はこんな本です

ツイートする