• Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040692708

作品紹介・あらすじ

ブログ・ツイッター・インスタグラムで活躍する漫画家・イラストレーター総勢19名による、オムニバス形式の出産・育児コミックエッセイ集。

エッセイのテーマは、子育て夫婦の人生一番のイベントともいえる<出産の体験記>と、誰でも気になる他の家の<育児テクニック>。
出産が笑っちゃうほど過酷だった人、意外とそうでもなかった人。
育児本のマニュアルやネットの情報に右往左往した人、他人の意見なんて気にせず我が道を行く人。
一人っ子を育ててる人、子だくさんの人、双子を育ててる人、ステップファミリーな人、高齢出産をした人。

誰にだって、どんな家族にだって、出産や育児における「うちの子の場合」がある!
子育てを終えた人も、絶賛子育て中の人も、出産も育児もこれからという人も、読めばきっと元気と勇気が湧く、珠玉の出産・育児コミックエッセイ集!

【目次】
「子育てって何なんだ!?」 カフカヤマモト
「育児はしていない」 さーたり
「年の差夫婦のゆる育児」 横峰沙弥香
「子どもととにかく楽しく遊びたい!」 前川さなえ
「心が見える魔法のコトバ」 のばら
「うちはあえての『ゆるゆる育児』」 やまもとりえ
「奮闘する言語道」 ホリー亜紀
「母乳(ミルク)をやめるタイミングはいつ?」 もづこ
「2人目の出産、うちはこんな感じでした!」 仲 恵麻
「私がおとうちゃんになる日まで」 あおむろひろゆき
「私、2児の継母やってます。子供が3人に増えました。」 ネコオヤジ
「我が家の4兄弟の日常」 ホリカン
「プリンセス・コントロール」 丸本チンタ
「かわいすぎる娘の育児のりこえテク」 きくまき
「寝かしつけという過酷な戦い」 ミハイロ
「ズボラ母ちゃんによる うちの子生活リズム」 そめた
「楽しい休日の過ごし方」 マルサイ
「おもち日和-うちの子の場合!編-」 吉本ユータヌキ
「鈴木家の手さぐり育児」 鈴木し乃

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正しい母親、正しい育児 という呪縛からある程度は解き放ってくれるのでは。居丈高な「こうあるべき」論ではなく現実的なエピソードが読めるのは良いと感じた。

  • 好きなブロガーさんも何人も参加されていて楽しみにしていた。
    当たり前だけど、内容的には広く浅くになるので、1人の作家さんがたくさんエピソードかいてるスタイルの方が個人的には好きだったかも。
    色々な方の育児が見られたのは良かったのだが…悩みはつきません。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

2児の母。インスタグラムに投稿した絵日記が人気を集め、フォロワー数は17万人を超える。2017年に初書籍『家族ほど笑えるものはない』(KADOKAWA)を刊行。息子、娘、夫と4人暮らし。

うちの子の場合! 子育てが10倍楽しくなる!出産&育児コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

カフカヤマモトの作品

ツイートする