ゆるお先輩とわたし (ピクシブエッセイ)

著者 :
  • KADOKAWA
3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040692760

作品紹介・あらすじ

隠れ腐女子がリア充バイトで、脱力系イケメンと出会った。

【pixivコミック月間ランキング第1位&ピクシブエッセイ新人賞大賞受賞作!】

隠れ腐女子がリア充バイトで、脱力系イケメンと出会った。
超絶ゆるいのに仕事はできる、まかない飯にニコちゃんマーク……なんだろうこの胸のトキメキは!?
ちょっと変わった仲間たちと楽しく働く、ドキドキニヤリの居酒屋バイトラブ(?)コメディ!
連載読者も嬉しい、書籍でだけ読める描きおろしをたっぷり収録!!

【描き下ろし内容の一部】
「カワイイ!ゆるお先輩秘蔵エピソード(さびしくて震える編・昇進編)」「帰り道の全裸男」「天才佐久間さんの三十億円事件」
「金髪イケメンにギャップあり」「泥川、人生初バイト面接受ける」「無駄な小ネタを詰め込んだ人物紹介」など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先輩と後輩という関係がとにかく好きな私です。

    バイトの先輩であるゆるお先輩や、その他の個性的なバイトメンバーに囲まれた居酒屋バイトエッセイ。
    いろいろ大変なこともあるだろうけれど、いい仲間に恵まれいるのはいいなあ。
    自分と少し共通点のある、尊敬できる先輩が職場にいたら仕事ももっと楽しくなるかも。
    そういう意味で筆者と先輩の距離感はとってもうらやましい。
    恋愛に転んでも転ばなくてもどっちでもおいしい。

  • 絵が可愛いなーと思って買ったら実録だったのか!楽しい店員さんたちだなー。

  • ゆるお先輩をもっと知りたくなる。笑
    同僚の店員さんたちの見分けが(数人)上手くつけられず、流し読んでたところもありますが面白かったです。

  • ゆるお先輩がツボなの、とてもわかる…と共感しながら読みましたw バイト小話的な。でもゆるお先輩意外と出てこないんですけどねw みんな個性的で面白かったですー。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

長崎在住。22歳、学生。居酒屋にて人生初のバイト中。主にホール担当で、ドリンクを作っている。

「2018年 『ゆるお先輩とわたし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆるお先輩とわたし (ピクシブエッセイ)のその他の作品

泥川恵の作品

ツイートする