花葬りて、夜 (フルールコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693132

作品紹介・あらすじ

「君が朔を殺したんじゃないか」

「僕が……? どうして……」

「だって君は――」



華道家元・夜野田朔芳こと、夜野田朔の弟子兼付き人。
それが、明川了の肩書だ。

住み込みで生活を始めた了と
朔の師弟関係は和やかで順調だった。

しかし、ある夜。
大手広告代理店の局次長である弓越に
愛人として抱かれる朔の媚態を目撃してしまい!?

弟子から師匠へ――
狂おしい思いを秘めた手向けの物語。


生前の朔と了のひりつくようにエロティックな
コミックス描きおろし1話を収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 爺受も死にネタのバッドエンドで誰も幸せにならない結末も嫌いじゃないし悪くないと思うしこの流れなら当然とは思うけど、いかんせん絵柄が……と思ってしまいましたすみません。
    クライマックスでの生け花デモンストレーションシーンは圧巻だったし、若い才能への嫉妬など打ち明ける話などすごくすごくよかったのですが。

    朔さんはいくつぐらいだったのかな。40代後半?
    一人残されてしまった弓越さんが気の毒すぎて。



    同時収録の郵便配達員さんのお話、その後を詳しく!!
    これはカフェのおやじ×郵便配達員なのかしらん。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

新人作家。オリジナル創作の同人活動が長い。百合、ファンタジー、一般など。

「2015年 『けむにまかれて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花葬りて、夜 (フルールコミックス)のその他の作品

市ヶ谷茅の作品

ツイートする