どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた

  • KADOKAWA (2017年9月21日発売)
4.05
  • (5)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :219
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040693194

作品紹介

ニッポン放送の大人気アナウンサー・吉田尚記さんと、気鋭の科学者・石川善樹さんが、「誰でも応用できる、幸せに生きるテクニック」をめぐって、とことん対話。
「好きな人と結婚できる科学的な方法」「ネガティブ感情との付き合い方」「人生の“コンセプト”を決める方法」「そもそも幸せってどういう状態?」など、人生のあらゆる問題の解決法を、科学的に提案します。

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても面白かった。ライトな対談ですが
    哲学、心理学的な要素が科学者が
    関わると視野が広がって見えますね。

  • 科学的と書かれている割には そんなに 堅苦しくなく むしろゆるすぎですが。 科学者・石川善樹さんの 変人っぷり。 よく奥様が うんと言ったなぁ という ド直球プロポーズ笑えます。 笑って少し幸せになりました

  • <目次>
    第1章  人生の問題は、科学でどうにかなりますか?
    第2章  「感情」について科学的に考えてみた
    第3章  これから生き抜くために、何を勉強したらいい?
    第4章  科学的に見ると、恋愛と結婚って何ですか?
    第5章  幸せに生きるには多様性が必要だ
    第6章  人生の幸せは科学で分解できる
    第7章  「幸せに生きる方法」が見えてきた!

    <内容>
    ニッポン放送のアナウンサー(かなりヘンな人)と予防医学研究者(こっちもかなりヘン)の対談集。対談集なのでさっくり読めるが、内容は意外と濃い。現在の世界の科学は、人間の「感情」を分析していて、心理学はもとより行動経済学とかこういう分野にも進出している。この本は宗教的要素はほとんどなく、そうした「感情」を分析し、「幸福」について考えているもの。むろんこの本だけでなく、どっかで裏付ける必要はあるが、読んだ感じ、やってみる価値ありと思う。例えば、「恋愛」はどうしても過去を考えがち(「好き」だったから告白するとか…)だが、そうではなく未来を意識する(僕と付き合えばこうなりますからとか言う)。なので、セールストークは、「僕とデートするならどこに行きたい?」とか、「食事は何がいい?」とか聞く。この聞き方も、心理学的に言うと「クローズドクエスチョン」ではないので、とても有効だ。まあ、科学者の方は、科学者なので(?)恋愛についてもしっかりと研究している(過去30年分の女性誌を読んでみたり)。あとは、幸福な人生を送るためには、3つから5つの専門分野を持つといい、というのは至言でした。

  • 2人とも面白そうな著者だと見えたので試し読み。アドラー心理学を肯定的に扱っていたので1点減点。議論を積み上げようがエビデンスを出そうが、吉田氏が「実感」になんとなくこだわるだけ。なんとも。

  • 予防医学研究者 石川善樹さんと、
    ニッポン放送アナウンサーの 吉田尚記さんの
    対談形式の本。

    まず幸福ってあやふやあいまいなものを科学的に考えるって視点が好きだ。

    知らなかった言葉といか事は
    「意思決定の回数」
    意思決定できる回数って決まってるの?まじ?
    一日の回数使い切っちゃうとぼーっと集中できないくなるって。。。。ええ?
    「感情のチェックリスト」
    どんな感情にも意味はある。重要、てか最強なのは感情のコントロールではないんかい、っていうことで、ネガティブ感情6、ポジティブ感情6のチェックリストに基づき「最近恐怖感じてないなぁ・・」ったらホラー映画見る、とか。
    そうして、自分を突き動かすような強い感情はなんなの?って探していく作業。
    自分の感情を分類、分析してくんだほえーって。
    この中のポジティブ感情のひとつ、「誇り」ってあんまり感じることないんだが。
    「自分の欲望に忠実に」
    これが一番ひっかかったワードだった。人の評価で幸せを決めてんじゃねえってことだろうね。ウレシイ、カナシイは自分の生理が決めることだ、みたいな記述があって。変人って言われることがなんだってんだ、あれをやりゃよかったんだ、そうやって人生の最後に思わないように生きなきゃ・・・って。

    最後に、勉強?のワールドは3つから5つあった方が良い、ってことで、これは多様化を生んでそれらがつながってった先にすんごい発明があるかもしれない、ってことかな、これはその一本職人道、みたいな道を行けないって悩んでた自分には朗報だったかもしれない。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110786

  • よかった!
    読み始めはハズしたかと思ったが、大当たり。
    今の気分とばっちしハマり、びしびし響いた。

    後半の幸せについてあたりが、まさに最近悩んでたテーマだった。
    幸せと楽しいは違うというのは驚き。

    あと
    結婚=運命の人とするもの
    とわたしは無意識に考えていたようだ。
    もっと妥協の結果だったり、経験したことないからしてみようかなという考えでもいいんだな、そんな風に結婚した人がいるんだな、と思いすごい安心した。

全8件中 1 - 8件を表示

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみたのその他の作品

吉田尚記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
恩田 陸
スティーヴン・ガ...
宮下 奈都
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみたはこんな本です

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみたを本棚に登録しているひと

ツイートする