萌恵ちゃんは気にしない 1 (MFC)

著者 : 喬文
  • KADOKAWA (2017年9月23日発売)
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040694399

作品紹介・あらすじ

何があっても気にしないマイペースな女子高生、萌恵ちゃんの非日常系日常コメディ第1巻! 萌恵ちゃんの周りには、不思議と今日もとんでもないことが起きる!?

萌恵ちゃんは気にしない 1 (MFC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とらのあな特典の表紙没案の清書が面白い。
    間に挟まれる人物紹介とかも無駄に凝っていて良い。
    内容も、幽体離脱の回とか風邪の回とかぶっ飛んでて好き。

    健全漫画らしいので触手プレイもパンツも NG だけど、何故かスカートの中身が見えるアングルがやたらと多い。
    でも暗黒になっていてパンツは見えない・・・。

    シオナンジャー、ブルーが多いってゴレンジャイかよ。
    むしろ逆に何故ホワイトとレッドなのかが気になる。
    全員ブルーで統一すれば良いのに。
    まほちゃんのメガタイドに対するツッコミがキュウレンジャーロボを完全に否定してる。

    まほちゃんがスタイル良い扱いなのが非常に良いよね!
    スタイル良い == 胸が大きい なのだろうから、あの世界は常識的な胸の大きさをしている!



    なんかちょっと『サムライフラメンコ』感があるのだけど・・・。
    (アニメは全く話題にならなかったけど。)
    日常から許容範囲な程度で非常識が発生して、それが日常化したら更に許容範囲内の非常識が発生して・・・みたいにシームレスだけどどんどん世界が狂っていく感じ。
    すごく気持ち悪くて、とても面白かった。

  • 一瞬に凝縮された大笑いこそ起きないが、長く、読み手に可笑しさを提供してくれる
    このじわじわ感は、不思議とクセになるな、うん
    この『萌恵ちゃんは気にしない』を読んで、私が感じたのは、スルー力の高さって大事だな、ってコト
    スルー力って表現が適切でないとすると、あるがままを受け入れる度量の大きさだろうか?
    タイトルが、ストーリーの良さをそのままに表現しているってトコは、実にポイントが高い
    第16回「MFコミック大賞 編集長特別賞」も納得のクオリティの高さだ
    まぁ、有体に言って、編集長特別賞が、どれほど凄いのか、その辺りはピンと来ないにしろ、何の賞も獲れないよりかは良い
    表紙のカオスを極めているのは、言わずもがな、背後で繰り広げられている非現実的な光景に気付いているのか、それとも、分かった上で気にしないで、単語の暗記に余念がない萌恵ちゃんの姿だ
    一体、何がどうなったら、ここまで、あらゆるものに対するリアクションが乏しい、奇抜な個性に育つんだろう
    今後、萌恵ちゃんが、どのように育ったのか、語られる事があるのか、その辺りが楽しみだ。もしかすると、萌恵ちゃんだけが、このような気にしない性格で、家族は逆に気にしすぎなのかもしれない
    ストーリーも良いが、キャラクターが立っている点も高評価
    魔法少女や吸血鬼って特徴があるのも良いけど、何より、美少女ってのは嬉しい。何気に、宇宙人のティー・アコは人気が高い気がする
    これから、陰陽師やサイボーグ、天才探偵と言った個性豊かな女子キャラが登場しないか、期待している
    まぁ、どんなキャラが登場し、ぶっ飛んだ展開を起こそうとも、萌恵ちゃんは気にせず、友人の個性を特別視せずに受け入れるんだろうな、とは思う
    大物過ぎて、私の物差しじゃ、図り切れん
    それだけに、どうにかして、彼女の動揺する姿が見たい、と黒い事を考えてしまう
    さすがに、エロ関係のハプニングよ、起これ、とは願えない。本編でも言っているが、この作品は健全な漫画。その辺りのラッキースケベはOUTだろう
    となれば、恋愛関係か?好きになった相手の前では、ちょっとだけ、表情が崩れる・・・・・・最高じゃね!?
    暗殺一家の伝承者・鏑木吾郎太朗も男子キャラとして、キレはいい
    ただ、やはり、萌恵ちゃんを挟んで火花を散らす男子が欲しいところだな
    悪魔の王子や、ドラゴンとか、アリじゃないだろうか?
    色々と長く、良さを語ってしまったが、最後に言いたい
    萌恵ちゃん、ほっぺ、揉みたいぞぉぉぉ
    個人的に、グッと来たのは、第6話だ。精神的にも凄い萌恵ちゃんだが、その心と魂を収めている身体も、結構、凄い。まさか、人間大砲にもなっちゃうか。いくら、私でも、このエキスは真っ向から浴びたくない。しっかし、このタコ野郎は懲りないなぁ。へこたれない根性は、高く評価するがね
    この台詞を引用に選んだのは、ストレートに萌恵ちゃんの個性と、作品そのものを表現してるな、と感じたので。この大らかさは、素直に見習いたい

全2件中 1 - 2件を表示

萌恵ちゃんは気にしない 1 (MFC)のその他の作品

喬文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする