終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (MFコミックス アライブシリーズ)

著者 : せうかなめ
制作 : 枯野 瑛  ue 
  • KADOKAWA (2017年12月22日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040695808

作品紹介・あらすじ

コミックアライブにて連載中、人気急上昇中の注目作『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』のコミカライズ第3巻。「だからわかってるな、絶対に生きて帰ってこい」

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (MFコミックス アライブシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 犬が腹を見せるのは服従の証みたいなものだからね。
    そりゃ下手に触ったら怒られるよ。

    なんで施療院はあんな遠方にあるんだろう。
    妖精の診断するなら68番島に設置、もしくは付近の島に置いておいた方が融通が利くだろうに・・・。
    飛行船で何度も乗り換えて丸1日掛かる距離とか、緊急時はどうするつもりなんだろう。
    遺跡兵装が扱えるのって妖精の中でも限られてるようだし、ちょっと危機感がないのではないか?

    そういや、スウォンは「妖精は量産できる」みたいなことを言ってたし・・・結局どっちなんだろう?
    生まれてスグに扱えるワケでもなさそうなのに。
    毎年コンスタントにたくさん生んでおけば、そのうちの誰かは、どれかを扱えるだろう的な考え方なのだろうか?

    スウォンの、それまでは尊大な態度をとっていたのにヴィレムと会っている間は話し方がフランクになるの、良いよね。
    でも、世界のトップであるスウォンの元に、災厄の元凶で唯一の生き残りの人間の話が届いていなかったってのも不思議な話。
    あの世界は情報というものが重要視されていないのだろうか?
    っていうか、不死になっても老いはするようだし、どうやって500年も肉体を維持しているのだろう?



    この辺りまでは普通によく出来た異世界モノという印象だったんだよね・・・。
    ここから急激にクトリが心配になっていくんだよなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (MFコミックス アライブシリーズ)のその他の作品

せうかなめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (MFコミックス アライブシリーズ)はこんなマンガです

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (MFコミックス アライブシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする