15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

著者 :
  • KADOKAWA
3.93
  • (10)
  • (20)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040696539

作品紹介・あらすじ

10歳で発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と診断。
中学校に通えなくなったのをきっかけに、あえて進学しない道を選んだ15歳の「生きる道探し」とは?

現在、15歳のコーヒー焙煎士として、メディアで注目されている岩野響さん、初の著書! ご両親のインタビューとともに、ベストセラー「発達障害に気づかない大人たち」著者、精神科医・星野仁彦先生の解説も掲載

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 発達障害を抱えながらコーヒー焙煎士として活動する岩野響さんが自身の今までの苦悩とコーヒーとの出会いや思いを書いた一冊。

    学校へ通って教育を受けるという基本とされていることから道を外れ、コーヒー焙煎という没頭できることを見つけ毎日打ち込んでいる著者の姿を本書で知り心が打たれました。
    小・中学校に通っていた時の周りと同調できない本人や病気との付き合い方を模索する両親それぞれの苦悩を知りました。
    そして、できることを見つけていきそれを唯一無二のできないことにしていくという考えは素晴らしいことだと思いました。
    また巻末にある精神科医の星野仁彦氏の解説によって岩野家での取り組みが発達障害との向き合い方の方向性として正しいことも理解できました。

    本書を読んで、日本ではまだまだ発達障害に対する理解が進んでいないことも痛感しました。
    そして、早期発見できる仕組みをつくることは早急に対応しなければいけないと感じました。
    テレビなどのメディアに取り上げられ少しでも理解が進むとともに誰もが自分の特性を生かしていくことのできるようにしていくべく、この国の教育についても見直すべきところがあると本書を読んで感じました。

  • アスペルガー症候群という発達障害を抱える15歳の少年、岩野響くんとその家族のライフストーリー。

    本人と両親がそれぞれの苦悩や葛藤を抱えながら、それらを放置せず「家族会議」で共有したうえで、家族にとってより良い選択を重ねていった結果がHORIZON LABという形として結実したんだろうなと感じた。

    敷かれたレールで輝けないなら新しい道で、という勇気も素晴らしいと思うし、そのような生き方を発信することの勇気にも尊敬を抱かずにはいられない。

    巻末に精神科医からの解説があり、そこで岩野家のような事例は奇跡だと表現されていたが、自分の進みたい道を自分らしく進めることが「奇跡」と言われないような社会になればいいなと思う。

  •  岩野響さんは、小3の時に「アスペルガー症候群」だと診断される。中1の2学期から学校に行けなくなる。できないことがあっても、できることだってある。不登校になってから、家事をやり始める。カレーの隠し味にインスタントコーヒーを入れてみたら、おいしかった。それがきっかけで、コーヒーに興味を持つ。知り合いにコーヒー焙煎器を譲ってもらうなどするうちに、コーヒーの世界に魅せられていき、コーヒーの仕事をしたいと思うようになる。

  • ご両親と弟さん達の暖かいサポートに涙が出ました。もちろん、ご本人の頑張りというか研究熱心なところもとても良いです。

  • 発達障害を持つ人の大成功パターンだと思う。
    後半で精神科医の星野さんが書いているように、発達障害は、発達凹凸症候群という言い方にしたほうがいいくらい、あることは飛び抜けてでき、あることは全くできないというのが特徴である。(定型発達は、飛び抜けてなくても平均的に満遍なくこなす)
    15歳の響君は、家族の支えもあって早いうちから自分の得意なことを生かせるコーヒーの焙煎士という天職に巡り会えたのだと思う。人と関わる接客などは苦手でも、モノと向き合うのは人よりも得意なことが多い発達障害の良さを活かして、普通は3時間くらいしか集中が難しいといわれる焙煎の仕事を、何時間もこなしてしまえるのは、発達障害の強みだ。

  • 最初に『コーヒーはぼくの杖』の方を読んだが、大筋の内容はこちらと似ていたが、細かい部分はそれぞれ違う点もあるため、どちらかを手にした人でも手にしてほしい。

    矢張り、三者の視点+巻末付近で医師の解説という構成は、色々な角度で見た後、再確認的な意味でも良いと思う。

    どちらも図書館で手にしたが、手元に置いておきたくなったため、購入しようと思う。

  • 発達障害と診断され、中学校に馴染めず断念した少年がプロの(それもコーヒー好きが誉める)焙煎士になる実話です。
    学校、買い!
    でしょう。

    2019/02/12 更新


  • わたしがあれこれ語るべきことは
    なにもありませんが、
    ひとりの人間を産んで、生命を育ませていただいている身として、沁み入るものがありました。

    仕事とは、誰かのお役に立つこと。

    仕事とは、困っている誰かを助けること。

    すでに冨谷、角畠がご紹介させていただいてますが、便乗して佐藤からもオススメさせていただきます。


  • 裏打ちされたポジティブさがあった。
    できないことひとつ見つかれば、
    できることひとつ見つけていくんだって、
    言葉に肉付けされた、
    これまでの家族のチャレンジが。
    そうやってこれまで結局放り出さないでごまかさないで来た
    人の言葉は、
    ありふれたような言葉であってもうわっすべりしない。
    そうだよなあと納得させられる、
    この本の言葉はもともとの言葉に見合った重さだった。

  • 『人間が人間を育てるなんておこがましい。生命を教育しようなんて思うことが間違っていて、サポートでいいのよ(文中より)。』


    教育ってなんだろう
    しつけってなんだろう。
    普通ってなんだろう。
    働くってなんだろう。
    生きるってなんだろう。
    幸せはどこにあるの?


    たくさん問いかけながら、スタバで半泣きになりながら読んだ本。


    冨谷より紹介済みですが、私からもおすすめさせていただきます。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高校には進学しない選択をし、中学を卒業後、群馬県桐生市に自ら焙煎したコーヒー豆を販売する「ホライズンラボ」をオープンした15歳。キャッチフレーズは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、自分にしかできないことを探している。

「2017年 『15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩野響の作品

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへを本棚に登録しているひと

ツイートする