15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

著者 :
  • KADOKAWA
4.13
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040696539

作品紹介・あらすじ

10歳で発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と診断。
中学校に通えなくなったのをきっかけに、あえて進学しない道を選んだ15歳の「生きる道探し」とは?

現在、15歳のコーヒー焙煎士として、メディアで注目されている岩野響さん、初の著書! ご両親のインタビューとともに、ベストセラー「発達障害に気づかない大人たち」著者、精神科医・星野仁彦先生の解説も掲載

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 発達障害を抱えながらコーヒー焙煎士として活動する岩野響さんが自身の今までの苦悩とコーヒーとの出会いや思いを書いた一冊。

    学校へ通って教育を受けるという基本とされていることから道を外れ、コーヒー焙煎という没頭できることを見つけ毎日打ち込んでいる著者の姿を本書で知り心が打たれました。
    小・中学校に通っていた時の周りと同調できない本人や病気との付き合い方を模索する両親それぞれの苦悩を知りました。
    そして、できることを見つけていきそれを唯一無二のできないことにしていくという考えは素晴らしいことだと思いました。
    また巻末にある精神科医の星野仁彦氏の解説によって岩野家での取り組みが発達障害との向き合い方の方向性として正しいことも理解できました。

    本書を読んで、日本ではまだまだ発達障害に対する理解が進んでいないことも痛感しました。
    そして、早期発見できる仕組みをつくることは早急に対応しなければいけないと感じました。
    テレビなどのメディアに取り上げられ少しでも理解が進むとともに誰もが自分の特性を生かしていくことのできるようにしていくべく、この国の教育についても見直すべきところがあると本書を読んで感じました。

  • アスペルガー症候群という発達障害を抱える15歳の少年、岩野響くんとその家族のライフストーリー。

    本人と両親がそれぞれの苦悩や葛藤を抱えながら、それらを放置せず「家族会議」で共有したうえで、家族にとってより良い選択を重ねていった結果がHORIZON LABという形として結実したんだろうなと感じた。

    敷かれたレールで輝けないなら新しい道で、という勇気も素晴らしいと思うし、そのような生き方を発信することの勇気にも尊敬を抱かずにはいられない。

    巻末に精神科医からの解説があり、そこで岩野家のような事例は奇跡だと表現されていたが、自分の進みたい道を自分らしく進めることが「奇跡」と言われないような社会になればいいなと思う。

  • 『人間が人間を育てるなんておこがましい。生命を教育しようなんて思うことが間違っていて、サポートでいいのよ(文中より)。』


    教育ってなんだろう
    しつけってなんだろう。
    普通ってなんだろう。
    働くってなんだろう。
    生きるってなんだろう。
    幸せはどこにあるの?


    たくさん問いかけながら、スタバで半泣きになりながら読んだ本。


    冨谷より紹介済みですが、私からもおすすめさせていただきます。

  • いまどきの子育てはほめて伸ばす傾向があって、できないことがあるのもその子の個性だと言われます。でも、できないことがあるから、他に何だったらできるかな?と考えるようにしたいと私は思っています。
    根本にあるのは、「1個できなかったら、1個できることを見つければ、0になる」という想いです。

  • 親のサポートと姿勢の素晴らしさ!

  • 一杯頂いて、ホっとしたいな、、、

    KADOKAWAのPR
    発達障害、15歳のぼくがコーヒー屋さんをはじめました
    10歳で発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と診断。
    中学校に通えなくなったのをきっかけに、あえて進学しない道を選んだ15歳の「生きる道探し」とは?

    現在、15歳のコーヒー焙煎士として、メディアで注目されている岩野響さん、初の著書! ご両親のインタビューとともに、ベストセラー「発達障害に気づかない大人たち」著者、精神科医・星野仁彦先生の解説も掲載
    https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000718/

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

高校には進学しない選択をし、中学を卒業後、群馬県桐生市に自ら焙煎したコーヒー豆を販売する「ホライズンラボ」をオープンした15歳。キャッチフレーズは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、自分にしかできないことを探している。

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへのその他の作品

岩野響の作品

ツイートする