ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 9 (MFブックス)

著者 :
  • KADOKAWA
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040698045

作品紹介・あらすじ

魔法の使いすぎで熱を出したマサルは、半分荷物扱いの状態で運ばれるがままにビエルスに到着する。
休養すべく我が家へ戻るも、オークキングの襲来で負傷し、マサルは余計具合が悪くなってしまう。
だが、そんな不運続きを払拭するかのような出来事が起こる。神からの支援物資が届いていることに気づき、念願だった米を手に入れたのだ。
支援物資は他にも、カップ麺にレトルト食品、菓子類、炭酸飲料水、等々……。そうしてマサルの労はねぎらわれていくのだった。
そしてエリザベスの帰省と驚愕する彼女の家族、剣聖の弟子入りの試練をくぐり抜けたら、剣聖がまさかの仲間入り!? 雪だるま式に戦力が拡大する(?)困惑の第九幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んでいて、なんか「痛い思い」がする。
    「ヒール(小)」を唱えつつ読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

関西住在。小説投稿サイトに入り浸っているうちに自分でも何か書けるのではと思い、練習のつもりで書き始め現在に至る。趣味は読書と猫様のお世話、時々ネットゲーム。「自分が今まで読んだ沢山の本の感動の、ほんの一部でも再現できれば」と著者は語る。

「2022年 『ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 11』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂かすがの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×