君死にたもう流星群 (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040699165

作品紹介・あらすじ

二〇二二年十二月十一日。その日、一九五七年の旧ソ連・スプートニク計画に端を発した人類の人工衛星の歴史は唐突に中断した。『宇宙』と『夢』を巡る感動巨編スタート!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  2022年12月11日、軌道上の全ての人工衛星が落下し、大気圏で光の粒となり消失しました。『世界一美しいテロ』と呼ばれたこの現象にはたった1人、犠牲者がいました。主人公は犯人を捜し、その人を救うため1人タイムスリップして過去と戦うお話です。
     冒頭から「崩壊」でスタートする本作ですが、これは本作のテーマである「夢」、そして「再生」の物語への布石・伏線です。僕は乱読家なのでミステリーやサスペンス、日常のほのぼのとした話やライトノベルなどなんでも読むのですが、この本は今まで読んだ中でも特に話のスケールが大きく、自分の過去の人生の選択を考えさせるものでした。
     ネタバレのため詳しくは書きませんが、主人公はもともと効率重視で能動的に行動する人ではありませんでした。しかし、未来を知っている主人公は身内や友達に起こった事件や事故を未然に防ごうと努力します。この変化による主人公の行動そのものに僕は感動しました。
     主人公とは違い、僕らは過去に戻り過去の選択を変えることはできません。あの時もう少し勇気を出していれば、と思うことも少なくないと思います。これを読んで、これからはますます将来後悔しない選択をしたいと考えるようになりました。
     

    蔵書なし
    メロン

    • tokudaidokusho2さん
      投稿者:ふろふき大根
       ライトノベルはあまり読んだことがなかったのですが、設定が面白そうでどんな物語なのか気になりました。また読んでみたい...
      投稿者:ふろふき大根
       ライトノベルはあまり読んだことがなかったのですが、設定が面白そうでどんな物語なのか気になりました。また読んでみたいと思います。
      2020/06/22
  • 続きが待ち遠しいわ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都出身。代表作に『雨の日のアイリス』『白銀のソードブレイカー』シリーズがある。(いずれも電撃文庫)

「2017年 『魔術監獄のマリアンヌ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松山剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

君死にたもう流星群 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×