S.I.R.E.N.―次世代新生物統合研究特区― (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/富士見書房
3.41
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040700915

作品紹介・あらすじ

次世代新生物-それは竜や妖精という空想の産物を再現した生命工学の結晶。その最先端研究エリア『SIREN』の学生・ミソラは、街を彷徨う天使型バイオテスタの少女と出会う。創造主=母を探す少女・フィアを手助けするミソラだが、手がかりとなる創造主の名前"アナスタシア"には聞き覚えがあった。それはミソラを育て、命を救った師と同じ名前で-「ミソラ、いつか巡りあう本物の天使をどうか守ってあげて」中央統合樹、そして福音機関イスカリオテに狙われる少女を守るため、ミソラはその身に宿る力『方程式』を解放する。人の科学と神の幻想が交差する時、天使の永唱が響きだす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 細音さんの4作目。第一印象としてはスピンオフだった『イリス』に近い印象があるのはキャラのお蔭かな。ミソラの真っ直ぐさは凪に通じるものがある気がします。モチーフも機械と科学で似通ったところもあるし。しかしそこは細音作品。名詠式が出てくるとゾクゾクしますね。ファンタジー要素もいつもどおり発揮されそうで楽しみです。あ、ウンディーネだのガルーダだのが既にファンタジー要素出てるのか。いろいろ伏線も散りばめられどう展開していくか楽しみ。完全新作らしいけど前作までとのニヤリとできる程度でもいいから絡みあるといいな。

全1件中 1 - 1件を表示

S.I.R.E.N.―次世代新生物統合研究特区― (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

細音啓の作品

ツイートする