スカイ・ワールド7 (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/富士見書房
4.00
  • (6)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040700946

作品紹介・あらすじ

スカイワールド-それは魔法と科学技術が同居する世界で、無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。第三軌道への鍵を手に入れたジュンたち『覇者の御旗』は、その扉の在処を知る『銀翼騎士団』との共闘を求めて、バクラヴェン島奥地にある遺跡を目指し、行軍を続けていた。そんな中、突如現れた『銀翼騎士団』のギルドリーダー・クァンタム。急な決闘を申し込まれるも、ジュンは見事勝利し、共闘は約束されたのだが…『銀翼騎士団』メンバーの異様な雰囲気に、ある残酷な過去があることを知り-。この世界の真理を暴く、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔法と科学技術が同居する無数に浮かぶ島から島へと飛空挺で旅をするRPG『スカイワールド』
    最終目的地、浮遊島アイオーンを目指す冒険ファンタジーの第7弾。
    第3軌道へのカギを手に入れた覇者の御旗。
    銀翼の騎士団との共闘を求め、遺跡を目指し、軍行を続けていた。

    段々と話の革新へ迫ってきて、深くなってきた感じがしますが、ちょっと停滞している気もします。
    それとこのラノベの趣旨は楽しく冒険だったはずなのに、恋愛要素もチラホラ入ってきてかったるくも…。
    キャスティングがどう考えてもハーレムだからな(笑)

    まぁ、今回の見どころはジュンとサクヤの共闘シーンですね!
    あういう展開をもっとちりばめてきて欲しいな!

  • 今回は久々の(?)大人数での冒険。というか小クエスト的なものをこなしながら目的へ向かってた印象。あとがきであったけど、今までは最前線じゃなかったんだっけ。ジュンさんハーレムも着々と強化中です。そこかしこでイチャイチャしやがって。そんな中、ヒカルくんのみユーカリアナイズの影響か、どんどん墓穴キャラになってる気が…(笑)登場当初はこんなはずではなかったと思われるがまあ面白いからいいかー。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー。近作は『聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国』一迅社文庫、『約束の方舟』ハヤカワJA等。

「2017年 『ワールド・イズ・コンティニュー2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スカイ・ワールド7 (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

瀬尾つかさの作品

ツイートする