艦これなのです! 艦隊これくしょん -艦これ- (ドラゴンコミックスエイジ)

著者 :
制作 : 「艦これ」運営鎮守府 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.46
  • (3)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 147
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701066

作品紹介・あらすじ

鎮守府学園の係活動で深海棲艦と戦う暁型駆逐艦娘の電と雷には、他の艦娘には言えない秘密があった――「戦いには勝ちたいけど、命は助けたいって、おかしいですか?」心優しい艦娘は、今日も係活動を頑張るのです!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 第六駆逐隊が奮闘する漫画。ほのぼのだけじゃなくバトったりするけど死んだりしないので安心。電は優しいな。

  •  正直、世界観がさっぱりわからない。
     艦これの人気上位に位置する「第六駆逐隊」を主役に据えるという点では『水雷戦隊クロニクル』がありますが、こっちはどこを狙ったのかわからないという。

     評価はし辛く、第六駆逐隊はかわいいということだけがわかってしまいます。
     艦娘も深海棲艦も明確な答えを出している作品は確かに少ないですが、「鎮守府学園」で「深海棲艦対策係」、加えて沈めずに追い返している……うーん。

     そのせいで世界が深刻なのか案外そうでもないのかすらわからないし、駄作とか切って捨てるにはなんか惜しいし、と結構難しい作品に仕上がってしまったような。
     
     登場人物も第六駆逐隊が主でたまに他の駆逐艦、小さい方に入る子だけで話が完結してしまっているので話も広がりませんし。
     結局、心優しい電の思いと魔法少女風の艦娘の解釈だけが全てと言うか……、作品に怒るにしても話自体がゆる過ぎるので真面目なものを見たい人には不向きかもしれません。
     
     どうしても俺たちの戦いはこれからだっていう終わり方しかできませんでしたし。

  • おもしろくない。
    学園ものにする意味は。
    敵を助けたいってそういうことじゃないだろ。
    絵がごちゃごちゃしてて分かりづらい。
    響ってこんな子じゃないよね?
    変身シーンって…(笑)

  • 第六駆逐隊の魅力を生かし切った内容でこれはこれで大変によろしゅうございました。

  • 第六駆逐隊主体の学園もの風作品。

    ロリと兵器に定評がある作者の良さを生かしている。半面、ストーリーはあまり起承転結がなく平坦。

    抜錨シーンは素敵。

  • 面白かった! 艦これの中の第六駆逐隊のキャラクターそのまんまを描き切った快作と言えましょう! 第六駆逐隊が気になる人はそのまま買っちゃいましょう。艦これコミックの中でも最もおすすめの作品です。一作だけとは非常にもったいない。ぜひ続編を読みたいなあ。

全7件中 1 - 7件を表示

艦これなのです! 艦隊これくしょん -艦これ- (ドラゴンコミックスエイジ)のその他の作品

七六の作品

艦これなのです! 艦隊これくしょん -艦これ- (ドラゴンコミックスエイジ)を本棚に登録しているひと

ツイートする