金色の文字使い (2) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)

著者 : 十本スイ
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年7月25日発売)
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701318

作品紹介

"勇者"の召喚に巻き込まれ、一般人として異世界にやってきた高校生の丘村日色。ぼっち旅の途中で助けた獣人族のミュア、アノールドとともに、国境を目指して歩みを進めていた。アノールドの提案から、レア食材を求めて山岳フィールドを進む一行。折よく発見した温泉で、長旅の疲れを癒やすことにした。混浴を恥ずかしがるミュアをよそに、マイペースにくつろぐ日色だったが…空から突然、謎の少女ウイが降ってきて!?「ウイはヒイロにナデナデされたい」「わ!大胆だよぉ!?」何かと日色にじゃれつくウイと、それを羨ましがるミュア-新しい仲間の加入で、冒険に、パーティに、波乱の予感!?

金色の文字使い (2) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新キャラは獣耳不思議ロリっこ。割と属性多めに見えるけど、周りのキャラも獣耳だからそうでもないように見える不思議。ウイの影響でミュアも成長が見られそうですね。ヒイロはチート能力がさらに有用になったけど、そこまでの強化になってなさそうに見えるのは、ヒイロの性格だったり、書かれ方のせいだろうか。研究所の一件もひと段落したけど、黒幕は捕まらず、さらに勇者一行含め他勢力の話も出てきてまだまだ話は広がりそうで楽しみ。

  • 槍使いの少女登場。
    ロリキャラというよりはアホの子枠じゃないかな。
    強いんだけどなんだか残念な雰囲気の。

    次回は戦争開始ですか?

全2件中 1 - 2件を表示

金色の文字使い (2) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

十本スイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

金色の文字使い (2) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする