オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち (2) (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 森山 しじみ 
  • KADOKAWA/富士見書房
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • えっなんでなんで、なんでこれで完結なのー!?オタク荘の腐りやがった乙女達の物語がこれで完結なんて嫌だー!!まだヒロインの響子とサブヒロインの汐実しか出てないじゃん!ナリオタクの菊川とアイドルのセフレちゃん、生主の真澄先輩が全然活躍してないじゃん!共通ルートとメインヒロインルートが終わっただけじゃん!個別ルート行ってないじゃん!こんなの嫌だー(T_T)
    将来を決めて、いい感じのカタルシスがあって、可愛いサブヒロインにも言い寄られて、やっと楽しくなってきたところなのに!こんなのってないよーさみしいよーがっかりだよー。

    今巻のヒロインは天才小説家の汐実。御車響子の同人活動を知った彼女は、彼氏になれと主人公に言い寄る。この汐実ちゃんがまた可愛い!ギャルでビッチかと思いきや、うぶで真面目で一途で、照れたり赤くなったり。極めつけは主人公が可愛いと言った服をこっそり買って、次のデートに着てくること!なんだよこの可愛さ!一途さ!人見知りはするけど親しい人には元気なところも丸。ビッチに見えて一途に主人公に恋しているところも素敵。きっとずっとチャンスを狙っていたんだね。汐実ちゃん可愛い!可愛い!

    そんな汐実と響子のさや当ても可愛面白い。アピールする汐実に対抗して響子も頑張ってアピールするのだけれど、ピントがずれてるよ響子ちゃん!筑前煮をラッピングしてプレゼントするなよ響子ちゃん!

    主人公が将来の目標を決め、大切な人に気付いたのも良かった……けど、それも全て完結するための伏線だったのね。パクリ同人作家よしをもちょっと出てきただけだったけど、本当はもっと活躍の場があったのだろう。もっともっとキャラクター達の活躍を見たかった。もっともっとみんなが同人活動を楽しんでいるところを読みたかった。

    とにかくヒロインが可愛くて、同人活動がリアルで、主人公も優しい誠実でいいヤツで、盛り上がるところもしっかり盛り上がって楽しい小説だった。スピンオフでもなんでもいいから、続きが読みたい!読みたいよー!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第21回ファンタジア大賞にて〈金賞〉を受賞し、デビュー。ファンタジア文庫からは「中の下!」「期間限定いもうと。」「オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち 」を刊行。講談社ラノベ文庫、富士見L文庫、ビーンズ文庫などで活躍中。

「2018年 『魔王は服の着方がわからない2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち (2) (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

長岡マキ子の作品

ツイートする