武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : bun150 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.33
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040701356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん・・・読みにくい。
    無職転生>転生したらスライムに引き続き、「小説家になろう」系の転生ものを手にとって見たんだけど、これはきついな。
    「小説家になろう」系の小説はどれも基本的に文章が素人臭くて洗練されてない印象を受けるんだけど、なかでもこの作品は特にひどいと思う。

    「なろう系は文章が下手でも面白い!」
    というのがコレまでなろう系を読んできた俺の感想だったんだけど、ここまで文章センスが悪い・・というか自分に合わないとさすがに読むのが苦痛でしかない。
    残念だけど時間の無駄だから他の作品を読んだ方が良さそうかな・・・。

    武を極めたジジイが転生して少年になるって発想は面白そうなんだけどね。
    この肌に合わない文章を我慢して3冊くらい読めればそれなりに面白いと感じることも出来そうだとは思うけど、そこまで努力して読むのもどうなんだろう。

  •  評価がやや難しい一冊である。ここでは星四つと評価したが、それより上にも下にもなりうる。
     まず、私はネット上での連載を読んでいた身であるが、その立場から言うと、大きく加筆したこの書籍化は大変好ましい物だった。ストーリーラインが整理され、世界観がより明瞭となり、やや薄味であった学校での生活が一つの物語として厚みを持っている。良い一巻だった。
     一方で、表現に変に凝りすぎている点は、さすがに気にかかった。特に冒頭がその傾向が強く、印象を悪くしやすい。
     表現に凝っているだけならそれもまた味と言えるが、不適切・不正確なところが少なからず見受けられる。この点では編集者の責任もあるかもしれない。
     総じて良い形での書籍化であるし、さすが天下の富士見書房と手放しに称えたいところなのだが、それだけに惜しいなと。

     とはいえ、良い一冊だった。次の巻は約束されていなかったようだが、シリーズ化したのもさもありなん。
     続きも読んでいこうと思う。

  • お爺ちゃんがエルフに生まれ変わって人生やり直しする話。転生モノにしては珍しいタイプだと思う。お爺ちゃんなのに恋愛に疎いってとこが良い。努力してるから強くてもチート臭くないし。1巻は何か展開が速いのが残念。

  • 人間として武の頂点に立ち死んだ後、長命なエルフに転生したスラヴァ・マーシャルの物語り。
    ワクワクする格闘ものの小説。

全4件中 1 - 4件を表示

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

赤石赫々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする