グランクレスト戦記 (4) 漆黒の公女 (富士見ファンタジア文庫)

著者 : 水野良
制作 : 深遊 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年1月20日発売)
3.82
  • (4)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 55人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040702001

グランクレスト戦記 (4) 漆黒の公女 (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は主人公の敵側である同盟のマリーネが主体になって話が動く4巻目ですが。

    とうとう戦争が再開され、戦記物の面目躍如といったところでしょうか。複数の国家同士が連携し、それぞれの戦線でぶつかり合う――いかにも「戦争している」って雰囲気が出ていて好きな巻です。

    にしても。アルトゥーク伯ヴィラールは主人公達にとってのラスボスだと思っていたのですが……まさかこんな展開になるとは思いませんでした。一体全体、今後どうやってこの状況をひっくり返していくのか。
    読者の予想を良い意味で裏切ってワクワクさせるのは良い小説です。はい。

  • 連合との全面対決を掲げる同盟の公女マリーネは連合の精神的支柱アルトゥーク伯を討つべく侵攻を開始する。
    テオの領地もまた戦場となる。
    戦を有利に進めるべくシルーカは籠城を提案するが、テオは意外な指針を示し――

  • 歴史が大きく動く転換点となる1冊というせいもありますが、主人公がまるで脇役のような扱いです。群雄割拠で面白いけど、なんだかなぁ感は少しあります。

全3件中 1 - 3件を表示

グランクレスト戦記 (4) 漆黒の公女 (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

水野良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

グランクレスト戦記 (4) 漆黒の公女 (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする