海波家のつくも神 (富士見L文庫)

著者 :
制作 : えいひ 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.21
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040702186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親を事故で失った主人公は、高校生になったのを機に
    元の家で一人暮らしをする事に。

    居候先はものすごく居心地が悪かった。
    何故ならば、大事なものほどよくなくしていたから。
    それがまさか、大事にしたから付喪神になって
    去って行ってしまったとか…泣けてきます。
    自分のせいじゃないのに怒られるのが
    一番堪えますから。

    戻ってきた家での、付喪神達との生活。
    食べる付喪神もいれば食べないのもいる、との事ですが
    1人分の食費しかないのに、全員食べ始めたら
    大変な事になると思うのですが…。
    それこそ、おじさんに突っ込まれそうな。
    それもまた、唯一の見える同居人がどうにかする?

    形あるものと共に、思い出を補完するか
    記憶だけで保管するか。
    物があれば思い出しやすいですし、見るたびに
    嬉しい感じになってくるとは思いますが
    この主人公は、なくても大丈夫派、のようです。
    あれだけ、ものが付喪神になって去っていけば…ねぇ。
    彼ら、戻ってくるのでしょうか??

  • ちょっと切なくて、ほっこりする妖怪ものが好きな方におすすめしたい。
    主人公の高校生・大地くんの境遇は結構重たいのだけれど、彼が出会うつくも神や同級生が優しくて賑やかなので安心して最後まで楽しめました。

  •  両親を事故で失い、田舎の一軒家で独り暮らしをすることになった高校生・海波大地。他人との関わりを避け続けていた彼だったが、その家には、つくも神を名乗る少女・リリィが住んでいた。
     彼女は、絵本作家だった大地の両親が書いていた物語に登場する少女だという。だが、その物語は未完のまま。リリィは、大地に続きを書くよう頼むのだが……?
     リリィをはじめ、掛け軸の少女やしゃもじの爺さん、ティーカップの新婚夫婦など、賑やかなつくも神たちに囲まれた、大地の不思議な毎日が始まる──。

  • 高校生になった大地くんが、付喪神の棲む家で一人暮らしを始めるお話。ウエディング姿のペアカップの付喪神がインパクトあったな~。紅葉ちゃん・・・

    異世界ファンタジーのイメージだった作者さんだけど、あとがきにあるように現代ものの案じたいは出していたそうな。それが実現した新しいレーベル、富士見L文庫のうたい文句は「大人が見つけるナゾとユメ」。
    第一弾のラインナップを見る限りまさしくその通りだけど、じゃあこれまでのライトノベルとどこが違うのかというのはまだ未知数、かな。メディアワークス文庫みたいなテイストのような気もする。

全4件中 1 - 4件を表示

海波家のつくも神 (富士見L文庫)のその他の作品

淡路帆希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

海波家のつくも神 (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする