おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド (富士見ファンタジア文庫)

著者 : 村上凛
制作 : あなぽん 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年7月19日発売)
3.67
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040702308

作品紹介

高校入学をきっかけに、俺は「隠れオタク」になって、平和な学園生活を謳歌すること、そしてあわよくば、清楚で可愛らしい彼女を作ってリア充になると決めていた-はずなのに。全ては彼女、桜井小豆のせいだ。レイヤーで、BL好きのガチオタ(笑)、しかも可愛い。そんなオタク文化にしか興味のない彼女と、俺が同じ部活に入ってオタクを研究することに!?コスプレしたら「…ど、どうでしょう?」ってめちゃくちゃ可愛いポーズで見せてくるし、ゲームとはいえ「…愛してる」って真っ赤になって言ってくるし-。そこで気づいたんだ、やっぱり俺にはオタクなキミしかいないんだと。

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 序盤中盤は正直だるかったですね。
    原因としては、
    ・どうせ結ばれるという前提
    ・恋敵の不在
    ・小豆ちゃんの照れ方や可愛さが本編のものと同じで、既視感

    でも、最後の小豆ちゃんが可愛すぎてすべてがどうでもよくなりました(*´ω`*)
    マジ天使!!

  • サブタイどおり小豆ちゃんメイン。本編途中からのif展開ですかね。どのくらいの時期からの分岐なのかはもうひとつ覚えてないけど。個人的には小豆ちゃん推しなんでこっちの方が本編でいいです(笑)まぁ本編のラストも期待はするが。あとがき読んで驚いたのは著者さん女性だったのね…

全2件中 1 - 2件を表示

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

村上凛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 小豆エンド (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする