ゴーストハンター ラプラスの魔 【完全版】

著者 :
制作 : 弘司  安田 均  グループSNE 
  • KADOKAWA/富士見書房
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040702452

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あまりにも懐かしすぎて、つい思い出補正がかかってしまう。
    小説を読んだのか読んでないのかわからないけど、あまりにも内容が思い出せないので、初読ではなかろうかと。
    結末はこうなるだろうなぁといった感じだったので、読み進めるにつれてスピードが全く上がらない(笑)
    RPG的な物語の進行なので、まどろっこしい部分が多々あるが、クトゥルフを初めて知った小説なので、いわゆる青春時代の本。

  • 懐かしく再読。流石に古い感がする。

  • 評価★★★:そのジャンル(ゴーストハンターや、ホラー系TRPGや、クトゥルフやら)が好きなら手を出してみてもいいかも

    ----------

    電源ゲームはやったことはない。
    TRPGでゴーストハンターシリーズは遊んだことがある。
    以上の状態で、実は「ラプラスの魔」を読むのは初めて。

    TRPGのリプレイなどで登場人物の何人かは把握できていたし、クトゥルフ系ネタも少しは理解できたので、読むのがラクチンだった。

    傾向はホラー、SF。
    ついでに1920年代に興味があるとなお読みやすい。

    導入はいわゆる幽霊屋敷探検だが、後半は一転して舞台が広がる。
    恐怖の規模も大きくなるのだが、逆に大きすぎて読者がゾッとした気分を味わいにくい。
    (これは「コズミック・ホラーをどう表現するか」の難しく面白いところだと常に思うのだけど)
    後半はSF色をぞんぶんに楽しむ形ということかな~。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家。2003年に本格SFにして著者初の四六判ハードカバー『神は沈黙せず』(角川書店)を刊行。同作は読者の話題をさらい、日本SF大賞の候補となった。また2006年5月に刊行された単行本『アイの物語』(角川書店)も各書評家に絶賛されている。

「2018年 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゴーストハンター ラプラスの魔 【完全版】のその他の作品

山本弘の作品

ツイートする