王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)

著者 : 入江君人
制作 : カズアキ 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2014年9月10日発売)
3.96
  • (33)
  • (32)
  • (24)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :273
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040703190

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 継承順位第一位の王女、後宮、ランプの魔神。

    綺羅綺羅しい舞台の上でコクランの孤独が際立って、「めでたしめでたし」と物語に幕がおろされるのが見たくて、ページをめくるのをやめられない。


    叶わない願いを叶えてしまったコクランとレクスは「しあわせにくらしました」となったのか、気になるけれど、それはまた別のお話としているからこそ美しい場面のまま本を閉じられるのでしょう。
    そうわかっていても、二人のそれからが知りたくなる。
    賢くて意地っ張りで何も望まないコクランも、供物にされるまで主のために神に祈り続けたレクスも、個性豊かな宮姫たちも、登場人物の誰もがいとおしくて、彼らの物語も知りたい。

  • 「さあ、願いを言うがいい」
    「なら言うわ。とっとと帰って」
    王女コクランの元に現れた、何でも一つだけ願いを叶えてくれるという伝説のランプの悪魔。
    しかしコクランは、願うことなど何もないと、にべもなく悪魔を追い払おうとする。
    なんとか願いを聞き出そうとつきまとう悪魔。しかし、“全てを与えられた者”と謳われるコクランを取り巻く王族と後宮の現実を知ることになり…。

    神ないの作者さんが「最高傑作」と言っていた本作。個人的には本当におもしろくて、文句なく最高傑作だった。今年一番といってもいい。
    前はかなり特殊な設定のファンタジー世界だったけど、今回はとある帝国の、王宮にある後宮が舞台で、大きな事件や派手な展開はないものの、コクランと悪魔レクスが非常に魅力的でぐいぐい読ませてくれる。
    前半は後宮というより、女学園ものといった雰囲気。孤高を貫くコクランと、彼女に関わる少女達のいざこざがメインだけど、どちらかというとコクランよりレクスの方が人間味に溢れていて、読者の想いを代弁してくれる感じだった。
    割と明るめだったのに対し、後半に向かうにつれコクランを取り巻く現実の厳しさと悲しさに驚かされる。というかこれはあんまりだと思う。
    上げて落とす手法が半端なくて、最後まで本当にハラハラしっぱなしだった。この作者さんだから最悪の展開もありうると心配したほど。それだけに本当にこの終わり方にはほっとした。王道と言えば王道なんだけど、その王道ぷりに安心させられる感じ。
    正直コクランを取り巻く環境は変わってないので、根本的な問題は解決されてないけど、幸せになってほしいと切望してしまう。とてもおすすめ。

  • 主人公と悪魔のやり取りが秀逸な冒頭から物語が段々とシリアスへ移行していくのはやはり上手い。
    こうあるべきだという鎖に絡んでいる人が多いなぁと読みながら思っていた。物語は大団円なのだろうが、この後、二人はどんな道を選ぶのだろうと余計なことを考えてしまった……。

  • 2017/7/14読了。
    コクランとレクスの会話とストーリーに完全に引き込まれました❗

  • 傑作。
    美しくクールな王女コクランと、願いを叶えるランプの悪魔の軽妙な会話が心地いい。
    徐々に明らかになるコクランの身辺と心情、いつの間にかふたりの間に交わされていたかすかな思い、そういったものが積み重なって迎えた終盤は胸に迫るもにでした。
    とにかくコクランが愛しいし、願いの悪魔がかわいい。
    本当に面白かった。
    それに文章が美しい。
    読んでよかった。

    あまりに完璧なラストシーン過ぎて、続編があるとのことだけど一体どんな内容やら……?

  • 主人公が自分の不幸にとらわれ過ぎていて、王女として考えるべき国政や国民の事を全く考えていないので、あまり好きになれませんでした。
    閉じていないで自分が価値のあるものになれるように努力してほしい。
    色々な物をあきらめてばかりなので、読んでいて暗くなります。
    王女というより閉鎖的な女子高の寮生活って感じ。

  • 王女コクランと願いの悪魔#1

    L文庫は一般向けにしたいのかラノベ層を狙っているのかよく分からないんですが、これはラノベでした。おとぎ話みたいな話で結構面白かったです。

  • 全てを持つ王女コクランに、間違えて呼び出されたランプの悪魔が、コクランから願いを聞き出そうとあの手この手を使う攻防戦。
    キャラとしては、今までにも似たキャラがたくさん出てきたし、ストーリーとしてもそこまで真新しさを感じないのに、ノリツッコミのアップテンポと、謎が一つずつ明かされる度に揺さぶられる感情が、クライマックスへ進むにつれて読者を傍観者から当事者に替えていくのが面白かった。

  • この人にいつかラノベでない小説を書いてみてほしい

  • とあら国の王女のもとに願いを叶えようと現れるも無下に断れ、このままでは悪魔として廃るとつきまとうことから王女の狂った日常を隣で見ることになる話。ここまで頭の中で自分が動くことで、どうなるこうなるって考えられるコクランはそのへんの大人より大人で、もっと自由に行動させたいと願わずにいられなくなってきます。続きもあるようですが、どう進んでいくのか気になるところです。

全31件中 1 - 10件を表示

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)のその他の作品

入江君人の作品

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)に関連する談話室の質問

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする