金色の文字使い (3) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040703855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語は人間界から獣人界へ。国境付近で一悶着あり、勇者たちとも邂逅かと思ったけど、さすがにまだその段階ではないようで。まぁ逢ってもヒイロはどこ吹く風でスルーしそうですが(笑)獣人界ではチート能力が二人いるから超級モンスターでも楽勝…かと思ったけどそこまでではないのね。ただここぞというところでヒイロ覚醒。タイトルの意味が分かりました。まぁ意味が分かっただけで詳細は不明だけど(苦笑)なんだかんだで幼女に優しく好かれてしまうヒイロさんマジツンデレ(デレてるとは言ってない)。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

『金色の文字使い‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート』

「2018年 『金色の文字使い 8 ‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金色の文字使い (3) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

十本スイの作品

ツイートする